耳毛違い


八王子市の猫

 夜勤が明けて職場を出ると雲の合間からところどころ青空が覗き、翳っているうちは涼しくて快適だが、少しでも日が差すと途端に蒸し暑くなって、丘陵地帯を歩くことが苦行と化す。20分おきに来るバスの時間調整を兼ねて、あまり実績のないニュータウンをだらだら歩いていると、盛り土の斜面の向こうから猫が1匹やって来て、木陰で腰を下ろすのが見えた。俺も少し休みたいと思っていたところなので、ご一緒させてもらおうか。
八王子市の猫

八王子市の猫

 やあ、そこは涼しそうだね。隣に座ってもいいかな。
八王子市の猫

 ……ダメみたい。
八王子市の猫

 殺風景で日陰の少ない道路際を避け、緑豊かな団地内を行く。巡回中と思しき猫がこちらを窺っているのが分かるかな。
八王子市の猫

八王子市の猫

 誰かと思ったら、この上の団地に住むクリーム猫だった。滅多に足を踏み入れない場所なので、知り合いに会うとは思わなかった。
八王子市の猫

 この子の特徴はこの毛色。一応クリームに分類しているが、濃い茶色がまだら状になっていて、単なる茶トラ白の希釈ではなさそうだ。
八王子市の猫

 唐突に、ごろーん。
八王子市の猫

 ごろーん。
八王子市の猫

 今日の散歩コースは片倉から北野まで。蒸し暑いのを我慢して4kmほど歩いてみたが、会えたのは目の前で転がっているこの子だけだった。
八王子市の猫

 めっちゃ機嫌いいな。ちょっとお尻触っただけなんだけどな。
八王子市の猫

八王子市の猫

 この子に会うのは半年ぶり2回目。また来るからねー。
八王子市の猫

 散歩を終えて自宅に帰ったのは13時。猫ヶ丘の山道を通り抜けていると、小柄なクリーム猫が赤とんぼを眺めていた。
日野市の猫

 一瞬クリ坊かと思ったが、そうではなかった。長い耳毛が長毛の血筋を忍ばせる。
日野市の猫

 猫ヶ丘でもう1匹。やっぱりこの辺りは茶系が多い。
日野市の猫

日野市の猫

 きれいな赤い毛並みは緑の草むらによく映える。この場所で猫を見るのも久しぶりだった。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 稲城市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  2. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  3. 昭島市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫
  7. 奥多摩町の猫
  8. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP