石灯籠


多摩市の猫

 今日の夜勤明けはいい感じに曇っていて、気温も24℃ほどで過ごしやすかった。真夏とは思えない好条件で、散歩コースをどうするかとても迷ったが、迷いすぎて決められなくなり、特に理由もないまま、駅前で発車待ちしていた聖蹟桜ヶ丘駅行きのバスに乗った。バスの車中でも地図を見ながら迷っていたが、そうこうしているうちに終点に着いてしまったため、今日の散歩は聖蹟桜ヶ丘~百草園と相成った。できればモノレールで立川に出られる高幡不動まで歩きたかったが、お昼すぎから床屋を予約していて、歩いているうちに時間切れになった。
 聖蹟桜ヶ丘に知り合いはなく、この街を訪れるのはたぶん生涯で2回目ぐらいだと思う。若いころ、ここに本社を置く某鉄道会社を受験しに来た。現在SEになっているわけなので、結果は推して知るべしだが、今考えれば落ちて良かったんだと思う。決して負け惜しみではなく、俺のような落ち着きのない性格の人間に鉄道員は向いていない。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、今日の1匹目は会社近くの新拠点で見かけた子。
八王子市の猫

 いくら呼んでも目線はもらえず、最後は建物の奥から猫缶を開ける音がして行ってしまった。
八王子市の猫

 聖蹟桜ヶ丘に着いたのは11時すぎ。初めての散歩コースで、うまく見つけられるかドキドキしていたが、幸いなことに15分ほどで三毛に会えた。
多摩市の猫

多摩市の猫

 赤い首輪をしているね。近所の飼い猫かな。
多摩市の猫

 この子に会えたのは運が良かったが、真夏の開拓だから、次があるかどうかは分からない。たくさん撮って引っ張るよー。
多摩市の猫

 とある民家の広い庭。石灯籠に猫がいた。
多摩市の猫

多摩市の猫

 狭いところで落ち着き場所を探っているように見える。ほこらや路傍の石碑と同じで、多少は冷たくて気持ちがいいのかな。
多摩市の猫

多摩市の猫

 ありゃ。嫌われちゃったか。
多摩市の猫

多摩市の猫

 この辺りは疎水が流れる長閑な農村の風情で、猫は多そうだった。涼しい朝ならもっと会えると思うので、いずれまた挑戦してみる。
多摩市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 横浜市の猫
  4. 奥多摩町の猫
  5. 三浦市の猫
  6. 新北市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  5. 府中市の猫
  6. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー
  7. 杉並区の猫
  8. 川崎市

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP