南風


日野市の猫

 昨夜は八王子で45.6m/sという大変な強風が吹き、家屋が破壊されることを警戒して遅くまで起きていた。979hPaあたりで気圧が下げ止まったため1時すぎに床に就いたが、それからしばらくは音がうるさくてなかなか寝付けなかった。風の音だけでなく、風に飛ばされて何かが転がる音や破壊される音が断続的に続いて、3時ごろまでは賑やかだった。夜勤前の散歩はすっきりとした快晴に恵まれたが、台風一過の南風が吹き込んだため気温も上がり、13時半ごろには32.7℃を記録した。ただし真夏のように高い湿度ではなく、太陽高度も低くなって日陰が多く、不快さは感じなかった。色づいてきた柿の実と青空のコントラストが美しく、強風で散った金木犀の小花が道端に吹き溜まって良い香りが立ち込めていた。
 散歩コースは京王線の中河原駅から府中駅まで。駅へ至る間に見かけたのは茶ファミリー邸の1匹。
日野市の猫

 車の下から顔を出しているのはスッパニャン。本来ならそろそろ庇の上で日差しを浴びる季節なのに、今年は天候がくるくる変わって忙しい。
日野市の猫

 酸っぱい顔は平常通りだけどね。
日野市の猫

 中河原駅をスタートしたのは12:54。今日このコースを選んだのは、引越し予定の新居が台風で損傷していないか確認するため。幸い建物自体に異状はなく、強風で飛来したらしきゴミを片付けて、引き続き府中駅を目指すべく散歩を再開した。
 ちょうど1ヶ月前の9月1日、まだらちゃんを見かけた路地で再び猫発見。
府中市の猫

府中市の猫

 ここは新居から90mの至近距離。小さなお友達がたくさんいるのは嬉しいな。
府中市の猫

 最初の2匹は比較的しゃんとしていたが、今日は真夏日なので、ああいうのが標準的風体。
府中市の猫

 あら、起きちゃった。砂利の駐車場は見つかっちゃってダメね。
府中市の猫

府中市の猫

 引きの写真を撮っている間にキジ白が逃亡。空が青いぜ……。
府中市の猫

 府中といえばモノクローム爺さん。今日はブラック爺さんの姿が見えず、黒白だけアパートの通路で伸びていた。
府中市の猫

府中市の猫

 7月半ばの35.8℃の時も似たような風体だったので、要するにここは眠い時や暑い時に休む場所のようだ。
府中市の猫

府中市の猫

 鼻の頭を撫でて無礼を詫びると、わずかに頬をすり寄せてくれた。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 羽村市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  2. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  3. 昭島市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 八王子市の猫
  7. 奥多摩町の猫
  8. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP