トカゲの尻尾切り


立川市の猫

 「待てっ」
立川市の猫

 「とりゃあっ」
立川市の猫

 「あっ」
立川市の猫

 尻尾を自切して逃げ回るトカゲと若い三毛。こちらに気付いて固まったところ。
立川市の猫

 今日の散歩は立川から西国立まで。夜勤のあと11時から約束があって1時間ほど喫茶店で過ごし、眠いのを我慢して、さらに1時間ほど猫を探して歩いてみた。七三の縄張りや小料理「だめさ」など、かつて盤石だったこのコースも、すっかり猫が減ってしまって、見かけた猫はごくわずか。空き家の敷地で遊ぶ三毛に気づいたのはラッキーだった。
 2匹目の猫は青目の白。といっても、寝ているので目の色が分からないね。
立川市の猫

立川市の猫

 薄目を開いたけど、やっぱり分からないね。しゃんとしている時はこんな感じ
立川市の猫

 門扉の前で写真を撮る俺を不審に思ったか、サビ色の近隣住民がこちらを注視していた。
立川市の猫

立川市の猫

 カメラを向けたら塀の上へ駆け上がり、一歩前に出たら向こう側に飛び降りてしまった。
立川市の猫

 靴擦れが痛いのと眠いのとで、あっさり目に散歩を進めて、早くもここは学校裏の猫アパート。猫ボックスに猫影が見ているのが分かるかな。
立川市の猫

立川市の猫

 今日は日なたで過ごすには少し暑いね。
立川市の猫

 顔をもたげたのは相方のサバ白。君たちは仲がいいのね。
立川市の猫

 キジ白の母は段ボール箱で眠そうな顔をしていた。3匹とも久しぶりに会えて良かった。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 高雄市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 多摩市の猫
  2. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  3. 小金井市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 相模原市の猫
  7. 立川市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP