里山の彼岸花と猫(1)


日高市の猫

 もう10月になろうというのに、この気温と湿度の高さは何だろう。10連休最後のお出かけ先は、彼岸花のシーズンを迎えた埼玉県日高市を選んだが、最寄りの所沢アメダスで観測された最高気温は30℃。朝の湿度は85〜90%を維持していた。いつものように西武池袋線の高麗からJR八高線の高麗川まで歩いてみたが、秋らしい爽やかさを感じることはまったくなく、べっとりと肌にまとわりつく湿気がひたすら不快で、日の高くなった9時以降は外にいることすら苦痛になった。涼しければ帰りしなに拝島か西立川にも寄ろうと思っていたが、とてもそんな気にはなれなかった。
 こんな日でも馴染の猫たちと戯れられたのは、いくぶん涼しい朝のうちに散歩をスタートしたから。そのためには朝4時半に起きなければならず、帰りの電車では珍しく寝過ごしそうにもなった。
 逆光の丘に彼岸花の群生と猫。
日高市の猫

日高市の猫

日高市の猫

 最初に現れたのは長毛二毛とキジ白。どちらもお馴染さん。
日高市の猫

 会いに来るのは桜の季節以来。元気にしてたか。
日高市の猫

 民家の敷地には茶トラもいたが、鳴いてばかりいて出てこない。
日高市の猫

日高市の猫

 指の匂いで思い出してもらえるかな。
日高市の猫

 おお! ごろーん。これは嬉しい。
日高市の猫

日高市の猫

 元々こいつはここから400mほど離れた猫民家で暮らしていた(2015年6月の様子)。オスならそれくらい移動することは珍しくないが、400mというのはあくまで直線距離で、あちらとこちらを行き来するには高麗川の道路橋を渡らなければならない。現在あちらで見かけることはまったくないので、完全にヤサを変えたのだと思う。
日高市の猫

 時刻は7:10。日の出時刻が遅くなってきて、この時間でもまだこんなに影が長い。撮影しにくい光だが、日が高くなると蒸し暑くなるし、何よりこの季節は彼岸花目当ての見物客がわんさかやってくる。ちゃっちゃっと写真を撮って、猫を撫でて、可及的速やかに次へ向かわなければならない。
日高市の猫

 ……と思って振り向くと猫がもう1匹いた。
日高市の猫

 あの子も馴染の茶トラ白。桜の季節はいつもモデルになってくれる。
日高市の猫

 今朝もご機嫌の様子。
日高市の猫

日高市の猫

 ……しかしその後、通りかかった散歩の犬に驚いて、自宅の敷地に引っ込んでしまった。
日高市の猫

 おーい。犬もういないんですけどー。
日高市の猫

 長毛二毛はそのくらいのことでは動じない。道路の真ん中を占拠している。
日高市の猫

日高市の猫

 そうこうしているうちに通行人が増えてきて、猫たちの路地は慌ただしくなってきた。俺もそろそろ次行かなきゃ。
日高市の猫

 それじゃまた会うまで元気でね。
日高市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 所沢市の猫
  3. 調布市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 小平市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  3. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  4. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP