下るポイントカラー


立川市の猫

 昨夜は一晩中風が強くて、窓を叩く風の音に目が覚めてみると、我が家の2匹も家中を走り回って落ち着きがなかった。風が強い日の猫の反応には次のようなものがある。すなわち(1)興奮する。(2)無関心。(3)寝ている。
 14時前に家を出た時も強い北風が収まらず、これじゃあ猫はいないかなと思っていたが、電車から降りてほどなく、自転車置き場で美人さんの妹が日なたぼっこしていた。
立川市の猫

立川市の猫

 にゃあにゃあ言いながら、ごろーん。今日は機嫌がいいみたい。
立川市の猫

 地面にすりすり。
立川市の猫

 お姉ちゃんは帰ってこない。淋しくなっちゃったな。
立川市の猫

 美人さんの妹のあとは、茶猫タウンまで猫影なし。いつもの細い猫路地に寄ってみると、屋根を伝って黒白がやって来たところだった。
立川市の猫

立川市の猫

 目を見開いているところに、強い日光が当たっているからか、驚愕の表情に見えるね。まあいずれにしても逃げられるんだけれども。
立川市の猫

 その下の地面にも1匹。
立川市の猫

 猫路地の猫民家を通り過ぎて振り返ると、さっき屋根の上でごろごろしていたのが、こちらの様子を窺っていた。怪しい者ではござらんよ。
立川市の猫

 ていうか、あんたの方がよっぽど怪しいと思うぞ。
立川市の猫

 青梅線青梅行きの猫発見。
立川市の猫

 10分かかって根性で追跡。線路から出て一休みしていたところらしい。
立川市の猫

 「次の停車駅は西立川だが、いつ着くかは分からん」
立川市の猫

立川市の猫

 車に乗っかって日なたぼっこ中のキジ白。茶猫タウンではほとんど見かけない毛色だが、こいつはこの街の住人。もう少し近くに行って紹介しよう。
立川市の猫

 あ……。
立川市の猫

 線路を渡ってモノレールの駅に向かっていると、民家の庭先に2匹の猫が集っていた。
立川市の猫

 そこへブラウンタビーポイントが現れた。このパターン、以前にもあったな。
立川市の猫

立川市の猫

 黒白とポイントカラーは逃亡。残った三毛は、にゃあにゃあ鳴きながら何かを訴えていた。早くあっちに行けって言っているのかな。
立川市の猫

立川市の猫

 最後の猫たちは、三度目の訪問となる猫民家。可愛らしい顔立ちのキジ白に会いたくて、たまに寄り道するようになった。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 青梅市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 昭島市の猫

    2020.7.30

    息子さん?
  3. 八王子市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.7.28

    雨降る花街
  5. 立川市の猫
  6. 国立市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 調布市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP