日なたと日陰


川崎市の猫

 JR北海道の「光と風の物語カレンダー」を用意して新年に備えるのが我が家の恒例だったが、残念なことに今年は諸般の事情により販売しないとのことで、2005年から連綿として続いてきた慣習が途絶えることになった。カレンダーというのは年末になれば取引先が持ってきてくれるものであり、手に入らなくて困るようなことはないのだが、ひとたびデザインなどにこだわり始めると、あまりにも種類が多すぎて、雲を掴むようなレベルの探し物になってしまう。普段からインターネットで猫の調べ物をすることが多いせいか、単に「カレンダー」で検索すると猫カレンダーばかりヒットするのも困りものだ。俺は毎日イヤというほど猫の写真を撮っているので、カレンダーまで猫写真にしようとは思わないのである。
 光と風の物語カレンダーは北海道JRエージェンシーという会社が発売していたが、この会社は2020年1月にほかのJR北海道子会社と合併して消滅したそうだ。本業の鉄道事業が火の車なのに、呑気にカレンダーなど出している場合ではないのかも知れない。北海道新幹線以外の事業を緩やかに殺していく国のやり方には憤りを覚えるが、肝腎の道民にあまり困っている様子はなさそうなので、そのうちJR直営の路線は函館本線の小樽〜旭川と千歳線を残して廃止されるだろう。昔、国鉄職員の娘と付き合っていた時、1987年の民営化にあたって、父親が道外へ出されることをとても心配していた。ある夜、仕事を終えて帰宅した父親が深刻な面持ちで「静岡に決まった」と家族に告げ、母と子がショックで固まった次の瞬間、「うそぴょーん」とやって笑わせたことがあったそうだ。しかし今になって考えれば、JR東海の方が百万倍マシだったのである。そのころの国鉄青函局はバブル経済と青函トンネル開通に湧いており、民営化後のJR北海道がここまで悲惨な事態に陥るなど誰も想像していなかった。
 夜勤明けの散歩は勝手知ったる登戸〜中野島。そろそろ年の瀬が押し迫っていることもあり、ちょっと寄り道して駅前の白に会いに行った。
川崎市の猫

川崎市の猫

 駅前の定位置で寛ぐ白。また来たよー。
川崎市の猫

 こちらに気づいて飛び出して来た。頑なに目を閉じているのはいつも通り。
川崎市の猫

 ごろーんで年の瀬のご挨拶。今年もお世話になりました。
川崎市の猫

川崎市の猫

 少し離れてカメラを向けたら、珍しく目を開けてくれた。この子は大きなレンズが苦手なんだよなあ。
川崎市の猫

 正確な誕生日は知らないが、とにかくこの子は年が明ければ推定20歳。来年も元気でいてね。
川崎市の猫

 登戸をスタートしたのはいつもより遅めの11:40。線路端の三毛がアパートの縁側に出ていた。
川崎市の猫

 逆サイドから撮ってみる。どっちにしても近寄るのは難しいかな……。
川崎市の猫

川崎市の猫

 なので、諦めて塀越しにもう一枚。本当はできるだけ猫の目線と同じ高さで撮りたいんだよね。
川崎市の猫

 桜の季節、花吹雪の舞っていた猫民家で猫発見。あの時の子かな。
川崎市の猫

川崎市の猫

 キジ白は桜の時も見かけた子。日陰の亡霊みたいなのは初めて見るな。
川崎市の猫

「突然現れて失礼なヤツだな」
川崎市の猫

 待っているうちにキジトラも日なたに出てきてくれた。背後に家の人がいてくれたのが良かった。
川崎市の猫

 ここにはもう1匹、クラシックタビーもいるはず。そのうちまた覗いてみる。
川崎市の猫

 先月下旬とまったく同じアングルだけど、写っているのは違う猫。
川崎市の猫

 塀の上にいたのは顔見知りの黒白。ちなみに前回写っていたのはこちら両方一緒に見たこともある。
川崎市の猫

川崎市の猫

 指の匂いで挨拶を試みたものの、あと一歩のところで塀の向こうへ飛び降りてしまい、離れると再びこうして上ってくる。同じことを3回繰り返して諦めた。
川崎市の猫

 アパートの裏で惰眠を貪る猫発見。
川崎市の猫

 半目を開いて寝ている茶トラ白はともかく、左隣の区画にも白いのがいる点に注意。
川崎市の猫

川崎市の猫

 プスプス言って呼んだら飛び起きた茶トラ白。お休みのところ済みませんね。
川崎市の猫

 茶トラ白は多少フレンドリーなのでこうして相手してくれるが、隣の区画にいた白っぽいのは警戒心が強く、すでに遠くへ逃げ去ってしまってどうにもならない。ちなみにこの子
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 小田原市の猫
  5. 川崎市の猫

    2022.1.19

    金色の背中
  6. 所沢市の猫

    2022.1.18

    猫農家の残党
  7. 川崎市の猫
  8. 川崎市の猫

    2022.1.15

    二十歳

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP