駐車場の最後の一匹


八王子市の猫

 夜勤明けに意欲的なコースは疲れるのでやめておいた方がいいと昨日は思ったが、出勤前なら疲れても仕事中に寝ればいいことに気づいたため、今日の散歩はあまり実績のない京王高尾線の狭間から歩いてみた。途中いくつかの心当たりはあったものの、真っ昼間ということが災いしてかどの拠点ももぬけの殻で、カメラに収まったのは昨日と同じくぎりぎりの1匹。そのほかにも撮影困難でスルーしたのが4匹いたのは残念だったが、こればかりは運なので次回また頑張ることにする。
 まずは自転車で分倍河原へ。とある試験農場の敷地内で黒いシルエットを発見した。
府中市の猫

 この圃場で猫を見かけることはたまにあるが、いつも広い敷地の奥の方なので諦めていた。この距離なら何とかなるかな。
府中市の猫

府中市の猫

 散歩で唯一カメラに収まったのはお散歩帰りのキジ白。
八王子市の猫

 自宅の前に落ち着いた。ちょっとだけ写真を撮らせてね。
八王子市の猫

 こいつは一昨年の6月に一度だけ会った子。いつも見かける相方より出現率が低いのは臆病だからかな。
八王子市の猫

 1時間40分、6kmも歩いた割には淋しすぎる結果だったので、京王八王子駅行きのバスを途中で降りて、柳の花街の猫たちの助けを借りることにした。といっても今やそこも猫は少なくなっており、そう都合よく運ぶかどうか……。
八王子市の猫

 運んだ。
八王子市の猫

 ものすごく機嫌が悪そうだけど、猫に会うこと自体はできたから良し。
八王子市の猫

 かつて花街に暮らす猫たちの社交場(一例)だった駐車場跡地。どうせ誰もいないだろうと思って覗いてみると、ここで暮らす最後の一匹が沈みゆく日差しを惜しんでいた。
八王子市の猫

 あいつ、極端に臆病なんだよなあ。どうせ今日も逃げられるだろうなあ。
八王子市の猫

 ほら、やっぱり。
八王子市の猫

八王子市の猫

 いつもはかなり手前で逃げられて、ブログに載ることは滅多にない猫だが、どういうわけか今日は少し離れたところで止まった。猫というのは仲間が減って淋しく思ったりするものなのだろうか。
八王子市の猫

 歓楽街では2匹発見。こういう路地は日が翳ると極端に暗くなり、日中帯とは違う顔つきで猫たちが闊歩を始める。
八王子市の猫

八王子市の猫

 近寄る前に保険で1枚撮っておく。後ろの三毛はとりわけ逃げ足が速いんだよな。
八王子市の猫

 はい、チーズ。
八王子市の猫

 何とか持ち堪えた三毛。左耳がぴこってなってるのはまあ仕方ない。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 奥多摩町の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

タグクラウド

最近の記事

  1. 府中市の猫

    2022.11.25

    実は仲良し?
  2. 日野市の猫

    2022.11.24

    黒は判別困難
  3. 三浦市の猫
  4. 三浦市の猫

    2022.11.22

    漁港で再会
  5. 府中市の猫
  6. 川崎市の猫
  7. 八王子市の猫

    2022.11.17

    井戸端猫
  8. 府中市の猫

アーカイブ

日月出没

PAGE TOP