谷保の日陰と日なた


国立市の猫

 日の出時刻が早まって朝の散歩が充実する季節となり、一方で日中帯は気温が上がって、夜勤の前後に猫を見つけるのが難しくなってきた。5月から10月までは日勤を多めにしてねと会社にリクエストしたら、ものの見事に日勤だらけになり、来月予定されている夜勤はたったの1回。あくまで「多め」が良かったんだが、猫探しに配慮してくれる会社というのも貴重なので、素直に厚意に甘えることにした。
 そんなわけで、今日の出勤前の散歩は早朝の谷保から。朝の散歩で南武線(府中本町~西立川)をゴール地点に設定することはあまりなく、なぜなら稲田堤を経由すると所要時間が大幅に増えるからだが、そこを敢えて西府へ向けて歩いたのは、会いたい猫がいたからだ。6時半すぎに谷保駅に降り立ち、猫たちの住む路地に差しかかると、ちょうど巡回から戻ったのが横切ったところだった。
国立市の猫

 追いついてみるとそれはいつもの美人サバトラ。何かと対峙しているかのような顔つきだ。この近所で黒猫が逃げたという情報があり、もしや視線の先に潜んでいるのがそれかと思って、恐る恐る覗いてみると……、
国立市の猫

 ありゃ、君だったの。
国立市の猫

国立市の猫

 こいつは常駐の長毛キジ白。美人サバトラちゃんがそこで睨んでいるけど、何かやらかした?
国立市の猫

 「私はもともとこういう顔です」
国立市の猫

 奥の方でそんな様子を眺めていたのはスクーター二毛と相方の茶トラ。二毛ちゃんは今日会いたかった子の1匹。
国立市の猫

国立市の猫

 同じ谷保でもこちらは日当たりがいい。2匹の猫が日なたぼっこしていた。
国立市の猫

国立市の猫

 まだ眠いみたいね。
国立市の猫

 灰白はまったりしている。ここには顔見知りの猫が3匹いるが、もう1匹の二毛は不在のようだった。
国立市の猫

国立市の猫

 猫の仲睦まじきこそをかしけれ。
国立市の猫

 ペルシャ顔クラシックタビー薄色三毛に会いたくて、細い路地を覗いてみたが今日も不在。谷保を離れてからしばらく猫影はなく、次に見かけたのは西府の古墳神社の境内だった。
府中市の猫

 こいつが臆病なことは分かっていて、忍び足で近寄って何とか2枚目が撮れた。以前ここをシマにしていた茶系の猫たちはしばらく見ない。
府中市の猫

 最後の猫は稲田堤の乗換えで。
川崎市の猫

 たまにここで見かけるキジサバ兄弟。2匹揃ったところは初めてかも。
川崎市の猫

川崎市の猫

 時刻は8時ちょうど。この時すでに気温は19.8℃になっていて、お昼すぎには予報通り29.0℃まで上がった。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 調布市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 川崎市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  2. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  3. 多摩市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 日高市の猫
  6. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号
  7. 福生市の猫

    2020.3.23

    初めての挨拶
  8. 日野市の猫

    2020.3.22

    大きなキジ白

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP