それぞれの日陰


八王子市の猫

 夜勤の前後に寝るのが辛くなってきた。5月も後半に差しかかって、いよいよ暑くなってきたのがいちばんの理由だが、我が家の2匹が構え構えとうるさいからでもある。特に最近はカリカリを変えることを検討していて、試しに与えてみたのがとても気に入ったらしく、従来のカリカリでは不満だとばかりに鳴き続ける。新しいのに変えるのはいいが、従来のがまだ残っているから、先にそちらを片付けてもらわないともったいない。猫というのは、新たに美味しいものを食べさせると、それまで食べていたものに見向きもしなくなる傾向がある。その頑迷さたるや、我がままに育てられた人間の幼児か痴呆老人のレベルだが、我が家では、どんなに鳴こうがわめこうが、単なる嗜好を理由にご飯を変えることは基本的にしない。サチコもマコちゃんもそれが分かっているので、しばらく鳴き続けたあとは、諦めた様子で山盛りのお皿に向かうのだった。
 猫の方は、昨日と今日、夜勤の行き帰りに見かけた子たちを紹介する。どちらも夏日となって日差しが強く、猫たちも大方日陰で寛いでいた。
 これはコントラストが高くて分かりにくいかな。
八王子市の猫

 ああっ、待ってくれー。
八王子市の猫

 「僕は今、お昼寝場所を探すのに忙しいんだよ」
八王子市の猫

 とことこ。
八王子市の猫

 「でもせっかくだから、1枚お願いしようかな」
八王子市の猫

 丘陵地帯の住宅街はなだらかな登り道。日陰で小柄な茶トラ白が休んでいた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 遊んでくれるのか、それとも逃げるつもりなのか、軽く伸びて準備運動。
八王子市の猫

八王子市の猫

 指の匂いは嗅いでくれた。でも待ち人はほかにいるようだ。
八王子市の猫

 とあるマンションの外階段。涼を取るには格好の場所だ。
八王子市の猫

 放熱モードで寛いでいたのは、大白斑の三毛。この辺で三毛を見かけたことは何度かあるが、この子はたぶん初めて。
八王子市の猫

 表情が読めん……。ずいぶんリラックスしているようだから、刺激しないでおこうかね。
八王子市の猫

 この日のコースは定番の八王子から片倉まで。峠を越えて平地の猫アパートまで下りてくると、2匹の猫がプレーリードッグ的にこちらを眺めていた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 この目つきと佇まいが好き。
八王子市の猫

 こちらはやや驚いた感じ? きれいな毛並みの麦わら猫だった。
八王子市の猫

 左側のビルは猫ビル。いつの間にか外壁工事に入ったようで、盛大に足場が組まれているが、猫は普通に歩き回っている。
八王子市の猫

 すたすた。
八王子市の猫

 不穏な気配を感じたか、立ち止まって振り返った。
八王子市の猫

 昨日の猫はこれでおしまい。仕事中は忙しくて更新する時間がなかった。
八王子市の猫

 そして今日の仕事帰り。すっかりしなびて稲田堤の駅に向かっていると、いつもの猫アパートでキジトラが涼んでいた。ちなみにこの写真には2匹写っている。
川崎市の猫

川崎市の猫

 近寄ったら飛び退いて、迷惑そうな顔でこちらを見上げた。寛いでいるところ悪かったよ、すぐ行くからさ。
川崎市の猫

 もう1匹はこちら。今日は寄り道せずにまっすぐ帰ってきた。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 相模原市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  6. 昭島市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP