神猫1号を思い出した日


横浜市の猫

 色々考えた結果、今日の散歩は京急の金沢文庫〜追浜をあっちふらふらこっちふらふらしながら11.8kmほど歩いた。このぐらいの距離を歩くことは珍しくないが、今日は想定よりもかなり天気が良くて日差しも強く、最高気温も31.1℃まで上がって疲労困憊だった。歩いた距離に対して見つけた猫の数は0.93cat/kmなのでそう悪くないと思うが、いずれにしても一度には載せ切れないので今日は触りだけ紹介して早く寝る。明日以降は台風14号の影響により2〜3日は雨が続く見込みで、散歩は無理にしても、できれば明日のうちに多摩センターのカメラ屋に行って、注文しておいた交換レンズを受け取っておきたい。何しろ今度の台風は強力で、明日の午後には920hPa程度の勢力で枕崎付近に上陸し、その後は進路を東北東に変えて本州を縦断する予想になっている。悪天候で出かけられないと受け取りが来週末になってしまうので落ち着かない。
 府中本町を4:59に発車する南武線の上り始発電車に乗ると、川崎で京急の下り始発特急に接続して金沢文庫に到着するのは6:22となる。俺の中では関東はまだ夏なので、これ以上到着が遅くなる場所は猫散歩には時期尚早であり、例えば同じ電車で行ける三崎口などは到着が6:56と遅すぎるので、今回の候補にはならなかった(三浦へ行くのは平日と決めているからでもあるけど)。日が高くなると暑くて猫が隠れてしまうし、俺自身が疲弊して散歩どころじゃなくなる。そうなるまでの時間は少しでも長い方がいいのである。
 1匹目は濡れ縁の茶トラ白。朝の弱い日差しを浴びたいのか浴びたくないのか、微妙な位置に佇んでいた。
横浜市の猫

横浜市の猫

 そこな茶色さん。うちのマコちゃんに立派な尻尾を見せてあげたいので、逃げるのはちょっと待って。
横浜市の猫

 説得の甲斐あって何とか留まってくれた。尻尾は見えないけどさっき撮ったからいいや。
横浜市の猫

 騒ぎを聞きつけて黒いのが様子を見に現れた。ずいぶん久しぶりに来たけど、今も猫が暮らしているんだな。
横浜市の猫

横浜市の猫

 参道を抜けて本堂に至るとそこにも猫の姿があった。
横浜市の猫

横浜市の猫

 ここを訪れるのは2015年4月以来の三度目。茶トラ白の毛色に覚えはあるが、この子は初めて。
横浜市の猫

 鐘楼と巨大香炉の背景は某巨大神社の神猫1号を思い出す。色斑が黒だったら見た目もそっくりだし、切ないような懐かしいような不思議な気持ちになった。
横浜市の猫

「いったい何の話です?」
横浜市の猫

横浜市の猫

 行っちゃった。この続きは明日か明後日にでも。
横浜市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 奥多摩町の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 江東区の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 横浜市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 横浜市の猫
  7. 国立市の猫
  8. 川崎市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP