谷間の父と母


八王子市の猫

 毎日の散歩で暖かな日差しと冷たい風を同時に受けているせいか、朝から晩まで鼻水が止まらない。換えのマスクは何枚か持ち歩いているが、鼻水が出るたびに交換しているとすぐになくなるので、匙加減が難しい。熱が出ているわけでもないので風邪なのかどうかも判然とせず、もし発熱すれば会社規定の対応フローに基づき出勤停止となるので、むしろそうなってくれた方が楽なのだが、体調は絶好調なのでそうもできない。
 夜勤明けの散歩は多摩センターから堰場バス停までの4.5kmを歩いた。六花谷に立ち寄る頻度は以前とあまり変わらないが、常駐の茶トラ(前回からごんと命名)と六花咪の折り合いが悪く、結果的にどちらを構うのも中途半端になっていた。なので今日は六花咪だけを依怙贔屓して撫でくり回そうと考えた。
 いつものように西の階段から回ると、ごんがとぐろを巻いている可能性があるので、久しぶりに東側からのアプローチ。足を止めて探し回るまでもなく、猫は見える場所でお昼寝していた。
 でもあれは六花咪の背中ではないなあ。
多摩市の猫

多摩市の猫

 誰かと思ったら黒白ボスだった。反応は早いけど寝ぼけまなこ。
多摩市の猫

 君は懐かない癖にいつも大胆な場所で休んでいるね。
多摩市の猫

 お昼寝の邪魔しちゃ悪いので、ボスをスルーして先へ進むと、すぐに似たような風体のが目に入ってきた。
多摩市の猫

 こちらに気づいて飛び起きた六花咪。やっぱり寝起きなので呆然としている。
多摩市の猫

 スルーしたはずのボスも近寄ってきた。そういうことなら人目につかない崖の上で遊ぼうか。
多摩市の猫

多摩市の猫

 崖の上にはいつも新鮮な水が用意されている。黒白ボスは喉が渇いていたようだ。
多摩市の猫

多摩市の猫

 六花咪は日なたで撫でられ待ち。ここのところの寒さでようやく藪蚊がいなくなったので、時間をかけて遊べるよ。
多摩市の猫

「やったー!」
多摩市の猫

 六花谷の次に立ち寄ったのは黒白親子の住む緑地。といっても今月9日に会ったばかりの子猫は里親に貰われて行き、今は母だけが残されていると聞いていた。誰もいない平場で猫の鳴き声が聞こえて振り向くと、果たして黒白の母がこちらを見つめていた。
八王子市の猫

 出てきてくれたのか。元気にしていたようで良かった。
八王子市の猫

 子猫が里子に出たことを報告する貼り紙と母。父親は黒白ボス。
八王子市の猫

八王子市の猫

 この子には黒白ボスという夫がいる。六花谷からは500mほど離れているが、今でも逢瀬を重ねているようなので、淋しいばかりではないはずだ。
八王子市の猫

 黒白のあとはぼちぼち。定点の猫拠点で見かけたのは茶トラ白が1匹。
八王子市の猫

八王子市の猫

 臆病すぎて接近不能な子。今日は10m手前で逃亡。
八王子市の猫

 今日は久しぶりに黒煙ちゃんにも会えた。最近は日中帯に見かけることが少なかったけど、秋になって日差しが恋しくなったのかな。
府中市の猫

府中市の猫

 知ってる人に会うと転がらずにはいられない黒煙ちゃん。
府中市の猫

 今日の猫は以上。明日は妻と一緒にお出かけする予定。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 奥多摩町の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫

    2021.11.29

    煤渡り現る
  2. 日野市の猫
  3. 川崎市の猫

    2021.11.24

    近すぎぃ!
  4. 府中市の猫
  5. 日野市の猫

    2021.11.22

    クリームの丘
  6. 川崎市の猫
  7. 稲城市の猫

    2021.11.20

    下からレフ板
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP