全員集合


八王子市の猫

 2月初旬の雪の朝以来、六花咪に会えずにいるので、夜勤明けの帰り道にねぐらを覗いてみたが、谷戸の斜面に設置された猫ボックスはもぬけの殻で、六花咪も相方の黒白もいなかった。肌寒くて霧雨まで舞う天気のせいかとも思ったが、あの子はたとえ吹雪でもあの谷で過ごしていることが多く、霧雨ぐらいで隠れるとは考えにくい。里親募集中と聞いているので、どこかへトライアルに出ているのかも知れない。
 そんなわけで今日は、多摩センターから堰場バス停という、平山時代からの定番コースを歩いた。引っ越したあとも交通に特段の不便はなく、堰場から豊田駅南口行きのバスに乗って帰宅していたのが、聖蹟桜ヶ丘駅行きに変わっただけ。谷戸の公園はまた今度訪ねてみることにして、次の定点に立ち寄った。こんなアングルで撮るのは性格が悪いと思われそうだが、実際このように猫を発見しているのだから仕方ない。
八王子市の猫

八王子市の猫

 覗いてみたら全員集合していたので、思わずのけぞってしまった。個別に会ったことは何度もあるけど、一堂に会しているところは初めてかも。
八王子市の猫

 しかし、それは一瞬の出来ごと。臆病な順に逃げてしまう。
八王子市の猫

八王子市の猫

 最後まで残ったポイント三毛も人懐っこいわけではなく、単に動くのが面倒なだけ。
八王子市の猫

 朝の猫集会所で茶トラ白発見。日中帯に見かけるのは珍しい。
八王子市の猫

 反応も朝と違っていて、近寄ったら茂みの向こうに隠れてしまった。
八王子市の猫

八王子市の猫

 農家の敷地の片隅に猫佇む。
八王子市の猫

 集めた落ち葉でコンポストを作っているんだね。猫にとっては柔らかくて快適な寛ぎ処。
八王子市の猫

 呼んでも動こうとしない。落ち葉が発酵して暖かいとか?
八王子市の猫

 多摩旧タウンの路地端で嗅ぎ回り中と思しき猫に行き会った。
八王子市の猫

八王子市の猫

 湿っぽい顔つきの黒白は顔見知り。落ち葉の上の茶トラ白とともに、2014年10月に初めて見かけた子(こちら)。俺はわざわざ拝島からこんなところまで散歩に来ていたんだなあ。
八王子市の猫

 こちらも定点。あの屋根で猫が寝ている率は8割を超える。
八王子市の猫

八王子市の猫

 寝ていたのは先月27日と同じ茶トラ白。顔面の被毛の乱れは年のせいかと思っていたけど、ただの寝癖だったみたいね。
八王子市の猫

 旗竿地の奥の方に白発見。あれは常駐のオッドアイだな。
八王子市の猫

八王子市の猫

 初めてこの地を訪れた5年前にも、よく似たオッドアイを見かけたんだが、帰宅してから調べたら目の色が逆だった。当然別猫なんだろうけど、目つきがそっくりなんだよなあ。
八王子市の猫

 斜面に展開する住宅地は旧タウンではなくニュータウン。旧住民は好きこのんでこのような場所には住まない。だからきっと黒猫も新住民。
八王子市の猫

八王子市の猫

 ……と考えると、何となく垢抜けて見えたりして。
八王子市の猫

「お前は何を言っておるのだ」
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 多摩市の猫
  2. あきる野市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 奥多摩町の猫
  6. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  7. 日野市の猫
  8. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP