それぞれのニャー


立川市の猫

 台湾の写真はすべて用意できているんだが、文章がなかなか進まない。旅行中の出来ごとはまだ覚えているし、記録も残しているが、記事にするには場所や時刻を洗い出さなければならない。データが用意できても、肉付けに色々と調べ物も必要なので、文章にするにはさらに時間がかかる。全部載せ終えるのは来月上旬になると思う。
 今日は髪を切りに西立川へ行ってきた。もちろん馴染みの猫たちの巣窟であり、行くからには猫たちへの挨拶が欠かせない。朝のうちは雲が多く、1匹目に遭遇するまで時間がかかったが、それ以降は割と順調だった。散歩区間は立川北から西立川、スタート時刻は9:20。
立川市の猫

 枯れた芝生で寛ぐ三毛。ここにいると何か出てくるのかな。
立川市の猫

「柔らかいから、何となく座っているだけです」
立川市の猫

 河岸断崖の空き地に3匹の猫が集まっていた。みんな常駐メンバー。
立川市の猫

 いつもはすぐに逃げるポイント三毛。呆れ顔ながら、撮影に付き合ってくれた。
立川市の猫

立川市の猫

 残りは機嫌悪そう。
立川市の猫

 とある団地の隅で、保護色モードの背中発見。
立川市の猫

 顔見知りのサビ。ニャーとアピールしておきながら、割と臆病なので、これ以上近寄ったら多分逃げる。
立川市の猫

 やっぱり。
立川市の猫

 旧居近くを通りかかると、黒白爺さんがこちらを窺っていた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 なんか今日はみんな俺を見て鳴くな。顔に何かついてる?
昭島市の猫

 久しぶりのトラ子ストリート。徐々に日が差して来て、トラ子さん出てこないかなーと思って歩いていると、庇の上で寝ているのがいた。でもあれは茶トラ白ではない。
昭島市の猫

昭島市の猫

 顔見知りの長毛キジ白だった。やや赤茶けた毛色なので、美人さんの親戚ではないかと睨んでいる。
昭島市の猫

 ほら近くにいる。
昭島市の猫

 トラ子さんのお立ち台で香箱を組んでいたのは、美人さんの妹。久しぶりー。
昭島市の猫

昭島市の猫

 会えたのが嬉しくて、気を引こうと頑張ってみたが、まったく関心を示さない。猫ってばこんなんだよな。
昭島市の猫

 トラ子さんには会えなかったが、相方のキジ白はいつもの場所にいた。
昭島市の猫

 俺が会いたがってたって伝えといてよ。最近ぜんぜん会えないんだよ。
昭島市の猫

 トラ子ストリートの最後は、やっぱり赤茶けたキジ白。
昭島市の猫

昭島市の猫

 アビシニアンのルディもこんな色だが、遺伝子型はブラウンティックドタビーのそれだから、やっぱりこの子はキジ白でいいんだと思う。
昭島市の猫

 せっかく西立川まで歩いたので、できれば某巨大公園の茶トラ係長と部下に会いたかったが、床屋の予約時間が迫っていたため断念。散髪のあとは紅矢で肉塊を食べるべくバスで立川へ出た。
 門柱の上で人妻三毛ちゃんが鳴いている。
立川市の猫

立川市の猫

 会いたい子に会えて良かったが、家から住む人の気配が消えていた。茶トラ白のダンナも間男もいない。
立川市の猫

 みんなの帰りを待っているのか、寡黙なはずの三毛ちゃんはにゃあにゃあ鳴いて、玄関から離れなかった。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 新宿区の猫
  2. 多摩市の猫
  3. 輪島市の猫
  4. 大月市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  5. 宮古市の猫
  6. 久慈市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP