お寺さんで人待ち顔


川崎市の猫

 過去の記事で何度か触れたことのある、猫の腎臓病に対して画期的とされる薬剤について。
 真に画期的なのはAIMそのものを体外から投与するAIM製剤だが、これは鋭意開発中のようで未だ発表されていない。以下の文章は血中に存在する既存のAIMをIgM五量体から引き離し、その働きを活性化させるアミノ酸を含有する動物用食品、言わば「AIMヘルパー」についての記述だ。
 AIMヘルパーを謳うカリカリはすでに販売されていて、一時は紛らわしい商品名に惑わされた人々が殺到し、転売騒ぎにまで発展した。このアミノ酸の効果自体は論文も出ているので、実験結果の範囲内で信頼に足ると思われるが、カリカリというのは嗜好性が強く、老齢で歯が抜けていたり口内炎の猫には食べにくいこともあって、投与の方法としては最適ではないと考えていた。事実、我が家でも試しに1箱買って2匹の猫に与えてみたものの、サチコは匂いだけ嗅いで見向きもしないし、マコちゃんはガツ食いした直後に嘔吐してしまった。どんなに素晴らしい食餌でも、胃袋に収まってくれなければ絵に描いた餅でしかない。
 ところがここへ来て、より猫が食べやすい形態のAIMヘルパーが発売された。その名も「CIAO for AIMちゅ~る」。鳴く子も黙る「ちゅ~る」シリーズの降臨だ。これなら気難しい我が家の2匹も舐めてくれるだろうし、しばらく与え続ければ数値の変化が観察できるかも知れない。今のところサチコの健康状態は安定しているので、積極的な治療や食餌療法は考えていないが、普段の食生活を美味しく快適にした上で、さらに血液に良い働きが生じるならそれに越したことはない。商品はすでに手元に用意してあるので、データを取るに相応しい与え方を検討した上で食べさせてみるつもりだ。
 今朝の散歩は少し頑張って武蔵溝ノ口~久地を2時間かけて歩いてみた。2駅歩いても6.6kmにしかならないというのは元私鉄の南武線らしいところだが、途中に山越えがあるので体には優しくなく、猫の方もたくさん見かけはしたものの想定したほどではなかった。
 新規開拓区間となる溝ノ口付近では、お寺さんの参道に集う猫を発見。朝の日差しを浴びて気持ちよさそうにしていた。
川崎市の猫

 1匹かと思ったら奥にもいた。これは幸先がいいね。
川崎市の猫

川崎市の猫

 山門の向こうにいたのは鉢割れのサバ白。細かく言えば灰トラ白(blue mackerel tabby and white)というやつだね。
川崎市の猫

 割と大胆なところにいた子たちなので、フレンドリーかなと思ったけどダメだった。せっかくのきれいな毛並み、微妙に全身が撮れていない……。
川崎市の猫

 月曜日の朝は気だるい。人々が動き出すとともに猫の一日は終わりに近づく。
川崎市の猫

川崎市の猫

「私はもう帰って寝るの」
川崎市の猫

 峠に向けて急坂を登っていると、とぼとぼと自宅へ向かう黒と行き会った。
川崎市の猫

川崎市の猫

 まさかここでニンゲンに遭遇するとは、というような顔つき。
川崎市の猫

 次の瞬間、民家の敷地に引っ込んでしまった。問答無用かよ。
川崎市の猫

 再びお寺さんの猫。日差しが強くて暑くなってきたせいか、今度の猫は日陰だね。
川崎市の猫

川崎市の猫

 香箱を組んだままきょとんとしている。
川崎市の猫

 去年4月にも本堂で見かけた子。日陰はあるし水も流れているので、猫にとってお寺はオアシスのようなものだな。
川崎市の猫

 こちらも先月開拓したばかりのとある急坂。地面に佇む若い2匹を皮切りに……、
川崎市の猫

 高みで向き合う茶色い2匹も。
川崎市の猫

川崎市の猫

 しかしどれも警戒心が強く、近寄る素振りを見せただけで逃げてしまう。辛うじて高みの2匹だけが持ち堪えたものの、首から下は隠れたまま。なお、地面の2匹のうち三毛だけは先月も会っていた(こちら)。
川崎市の猫

 今朝はちょっと欲張りすぎた感があって、あちこちの猫を訪ね歩くうちに7時を過ぎてしまい、こんな路地にも人通りが多くなってきた。このまま小中学生の登校時間にもなれば、出てくるものも引っ込んでしまうと思って先を急いでいると、行く手に猫の姿が見えてきた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 小中学生より俺の方が迷惑ですか。そうですか。
川崎市の猫

 キジ白の傍らには茶トラ白もいた。ここは数匹の猫が暮らす猫民家。
川崎市の猫

 今朝は気温の上がり方が早く、8時にもならないうちに23℃を超えている。猫は日陰に隠れてしまってよく見えない。
川崎市の猫

川崎市の猫

 驚いて隠れた二毛について行くと、塀の陰にもう2匹いた。門扉の向こうのはスルーするしかなさそう。
川崎市の猫

川崎市の猫

 これから日を追うごとに気温が上がって、このような風体のが増えてくる。果たしてこの夏、俺の体は持つのだろうか。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 新北市の猫
  4. 調布市の猫
  5. 江東区の猫
  6. 基隆市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 昭島市の猫

    2022.10.3

    潜伏者
  3. 府中市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 日高市の猫
  6. 日高市の猫
  7. 昭島市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP