不思議な毛色の変化


調布市の猫

 今朝の散歩は調布〜京王多摩川の5.5km。お焦げさんに会いたくて選んだコースだが、お焦げさんどころか猫影自体が限りなく薄く、この季節の早朝には珍しく3匹という結果で終わってしまった。明日は南武線沿線を散歩するつもりなので、もう少したくさん会えると思う。
 1匹目は遠目にも分かる大白斑の黒白。
調布市の猫

 会えて嬉しい「例の2匹」の片割れ。去年9月に見かけて以来。
調布市の猫

 以前はもっと近寄れた場所だが(一例)、あいにくアパートが建ってしまってこれが限界。相方を見なくなってからというもの、この子は家の周りから離れないんだよなあ。
調布市の猫

 2匹目と3匹目は同じ家の子。自宅の庭で朝ご飯を待っていた。
調布市の猫

調布市の猫

 何か用かというような顔つきで出てきた。今朝はあいにく手ぶらなんだよ……。
調布市の猫

調布市の猫

 キジトラは敷地から出ようとしない。その場を離れて食いっぱぐれたら大変だからね。
調布市の猫

 キジ白は胴体が赤茶けている。一瞬ターニッシュを疑ったが、あれはシルバーの毛色で起きる現象なのでたぶん違う。過去の写真を見てみると、去年6月は同様に赤茶けていて、それより4ヶ月前の2月は目立たないので、換毛期との関連が疑われる。この現象、果たして原因は何だろう。
調布市の猫

関連記事一覧

  1. 竹富町の猫
  2. 日野市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 昭島市の猫

    2022.10.3

    潜伏者
  3. 府中市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 日高市の猫
  6. 日高市の猫
  7. 昭島市の猫
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP