武蔵はツライよ


立川市の猫

 今朝の散歩は西国立~立川の5.5km。歴史と伝統あるコースで猫にもそれなりに会えるはずだったが、当てにしていた子がことごとく不在で、とても淋しい結果で終わってしまった。日が短くなると平日の散歩タイムは7時~8時の1時間程度しか取れず、家から近い場所にしか行けなくなるので、6時ごろから散歩できる今のうちに立川の猫の状況を知っておきたい。ちなみに会いたかった子というのは、桜の巨木の猫民家のオッドアイ、怒りんぼさんの路地の看板猫、藤棚の公園のキジトラ、学校裏の猫アパートの息子、羽衣町のクーちゃん、猫旅館跡地の隻眼の茶トラ上矢印邸の2匹など。しばらくぶりに会えた子もいるので歩いた甲斐はあったが、このコースでこれだと冬はかなり厳しい。
 家を出て最初に見かけたのは武蔵。自宅のバルコニーからこちらを眺めているのが分かるかな。
府中市の猫

 あらま、エリザベスカラーつけてる。また誰かにやられたの。
府中市の猫

 ちょうど出てきた隣家の婆さん曰く、「オスだからどうしてもねえ」とのことだが、恐らくあいつは自分の縄張りを広げようとしているのではなく、性格が天真爛漫すぎて、どこにでも無頓着に侵入するから攻撃されるのだと思う。しかもやられた相手はたぶんメスだと思う(この子)。
府中市の猫

 西国立をスタートしたのは6時半前。桜の巨木の猫民家や看板猫で空振りのあと、三度目の正直で久しぶりに長毛白を見つけた。
立川市の猫

立川市の猫

 近寄ってみたら相方のキジ白も一緒だった。君たち、いつの間にか朝食会場がなくなったと思ったら、ここで食べさせてもらっていたのかー。
立川市の猫

 もともとこの子たちの朝食会場はここから50mほど離れた場所で、毎朝7時近くになると近所の猫たちが三々五々集まって来たものだった。その後、去年8月に見かけたのを最後に何度行っても誰も現れなくなり、何かの理由で給餌をやめたのだろうと思っていたが、完全に四散したわけでもなく、日中たまに近所で見かけることもあって動向が謎だった。
 よく分かんないけど、2匹とも元気にしていたようで良かったよー。
立川市の猫

 ……などと感慨に耽る俺を置き去りにして白は逃走。残されたキジ白は事態が飲み込めていない感じ。
立川市の猫

 遥か向こうの道端に猫が座っていた。
立川市の猫

立川市の猫

 だいぶお婆ちゃんなので耳が遠くなっているらしく、声や音で気を引いても気づいてもらえず、視界に手を差し出してようやく目線がこちらを向いた。
立川市の猫

 この家のサビは先代から知っている。この子は2018年5月以来の4年4ヶ月ぶり。
立川市の猫

 信じられないことに、カメラに収まったのは次の猫が最後。雲が切れて日差しが届いたので、あそこにいられるのもあとわずかだね。
立川市の猫

 日なたはまだ暑いから。
立川市の猫

立川市の猫

 実はこの直前にこの子の相方に逃げられていて、藁にも縋る思いでカメラを向けた次第。
立川市の猫

「いま僕のこと藁って言った?」
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 寒川町の猫
  2. 日野市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 横浜市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 横浜市の猫
  7. 国立市の猫
  8. 川崎市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP