秋晴れは猫晴れ(3)


立川市の猫

 昨日の偏頭痛を引きずってしまって、今朝の出勤前の散歩はできなかった。できれば連休中の静かな朝に歩きたかったが、頭痛が治ってくれないと仕事に差し支えるので泣く泣く諦めた。秋の一日はとても貴重なんだがなあ……。
 まあ嘆いてばかりいても仕方がない。今日のところは、20日の散歩で会った猫たちの残りを載せることにする(前回はこちら)。
 7時ちょうどにスタートしてから約2時間が経過して、たどり着いたのは、立川勤務時代の定番コース。この辺りの猫影の濃さは昔とさほど変わらず、前回紹介した青い目の白や、カメラ嫌いの三毛は、いずれも顔馴染みの猫たちだ。公園で小休止したあと、最後にもう一回りと思って、引き続きその辺をぶらぶらしていると、マンションの敷地の奥に気配を感じた。
立川市の猫

 そこに佇んでいたのは見覚えのあるクリーム猫。これといった特徴がないので断定はできないが、たぶん2012年2月に会ったこいつだと思う。ものすごく久しぶりに見かけた。
立川市の猫

 同じマンションの反対側には黒もいた。
立川市の猫

立川市の猫

 この辺りにの猫には珍しく、物怖じしない子。ご挨拶に成功した。
立川市の猫

 なお、塀の下には二毛もいたが、そちらはカメラを向ける間もなく逃亡した。
立川市の猫

 学校裏の猫アパートに寄ってみた。3匹ほど寛いでいるけど、分かるかな。
立川市の猫

立川市の猫

 ここのメンバーの中で、この黒白だけ関係性が分からない。母も子供もキジトラやキジ白(A-)なので、遺伝的には黒白(aa)が父の可能性もあるが、どれもありふれた毛色なので、それだけでは決め手にならない。
立川市の猫

 で、こちらが息子。以前はとても懐いてくれたのに、この日はシャーだった。
立川市の猫

 残り1匹は波板の上の母。9時を過ぎて暑くなってきたせいか、みんな反応が薄い……。
立川市の猫

立川市の猫

 とある公園から2匹の猫が出てきた。
立川市の猫

 ……しかし、カメラを向けた途端にどちらも逃亡。その場で座って待っていると、5分ほどして1匹だけ戻ってきた。
立川市の猫

 ああっ、待ってくれー。
立川市の猫

 近くに落ち着いてくれたけど、歓迎している顔つきではないな。次行ってみようか……。
立川市の猫

立川市の猫

 道端に佇むキジ白発見。日差しが強くなってきたので、そろそろ日陰に入る時間だな。
立川市の猫

 歓迎していないことは目つきで分かっているよ。せめて写真を……。
立川市の猫

 ああっ、待ってくれー。
立川市の猫

 隠れちゃった。
立川市の猫

 キジトラ系が続く散歩の終わりは、とある薬局の前で見かけたキジ白。
立川市の猫

 この店で猫を見かけるのは2012年2月以来。その時のサバトラも元気そうにしていたが、レジのところでまったりしていて、外には出て来なかった。
立川市の猫

 朝の散歩は薬局の猫で終わったが、この日は夕方から父のところに出かけたので、ついでに羽村から小作まで歩いてみた。道中会えたのは黒白1匹。
羽村市の猫

羽村市の猫

 蝶を追って忙しそうにしていたが、俺に気づくと、擁壁に飛び乗ってどこかへ行ってしまった。
羽村市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 小平市の猫
  3. 国立市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 多摩市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 府中市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 奥多摩町の猫
  5. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  6. 日野市の猫
  7. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  8. 宮古市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP