京王線猫行脚23(東府中→府中)


府中市の猫

 月曜日と木曜日に飛び石の祝日が入っているので、世の中には先週の土曜日からぶっ通しで9連休にしている人もいるだろう。昨日も今日もそれに合わせたかのように絶好の行楽日和となったが、あいにく俺は今日から日勤が6日間続くのでどこへも行けない。その代わり10月下旬に連休の希望を出してあって、恐らくそのころには緊急事態宣言が解除されているとは思うが、行きたいところが溜まりすぎて、どこにするか逆に決められなくなっている。抑圧されて育った子供が、「好きなものを買いなさい」と急にまとまったお金を渡されたような感じで、要するにどうしていいか分かんないのである。
 とりあえず今日のところは昨日の続きで京王線猫行脚を1駅進めた。今日の踏破区間は東府中~府中の1.5kmで、この駅間距離は京王線の中では長い方だが、真ん中らへんに京王競馬場線の府中競馬正門前という駅が存在するので、それだけの距離が空白地帯になっているわけではない。府中市は29.4km²という面積に鉄道の駅が14駅あり、多摩地区の中ではかなり便利な方だと思う(八王子市には22駅あるが面積が186.4km²なのでまるで違う)。
 自宅を出て間もなく、車の下から周囲を窺う黒煙ちゃんに遭遇。朝の出勤前に見かけるのはとても久しぶり。
府中市の猫

 今日みたいな快晴でもこんなに暗いんじゃ、日勤前にこの子の写真を撮るのはそろそろ無理だなあ。
府中市の猫

府中市の猫

 ……と思ったけど、こんな時のために40mmF2.8の短焦点レンズを買ったのだった。少しだけじっとしていてね。
府中市の猫

 毛繕いの多い黒煙ちゃんは頻繁にゲボする。これは1セット(2回)終わって呆然としているところ。
府中市の猫

 東府中をスタートしたのは6時半すぎ。1匹目は5分以内に発見。
府中市の猫

府中市の猫

 今朝の最低気温は15.8℃と冷涼で、猫も高みで日に当たる季節になった。こんなに青い空の下で写真を撮るのも久しぶり。
府中市の猫

 砂利の駐車場で東向きに寛いでいるのもいた。
府中市の猫

府中市の猫

 朝日が強烈で分かりにくいけど、普通の茶トラよりも毛色が少し薄いようだ。ティッピングの生じたカメオタビーかも知れない。
府中市の猫

 回り込んでもう1枚。尻尾が白っぽいのはティッピングが大きいからかな。
府中市の猫

 ここは定点の猫拠点。怠惰に伸びているのは常駐の茶トラ。
府中市の猫

 引いてみると高みにもう1匹。秋を感じるなあ。
府中市の猫

府中市の猫

 ここは割と頻繁に訪れる場所だが、この子はたぶん初めて。うちのサチコに似た感じで親近感が湧くね。
府中市の猫

 茶トラは地面でふんぞり返っている。2017年2月に初めて会った子。
府中市の猫

府中市の猫

 今日最後の猫は定位置のモノクロ姐さん。背中をこちらに向けて寝入っていた。
府中市の猫

府中市の猫

「ん?」
府中市の猫

 日なたは気持ちいいから出てきなよーなどと話しかけてみたものの、不思議そうな顔つきでこちらを見つめるのみ。モノクロ爺さん亡きあと、懐いてくれる猫はこの街にはいない。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 江東区の猫
  3. 立川市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2021.10.21

    東京脱出(3)
  3. 府中市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 三浦市の猫

    2021.10.17

    東京脱出(2)
  6. 三浦市の猫

    2021.10.14

    東京脱出(1)
  7. 立川市の猫

    2021.10.13

    注意力散漫
  8. 新宿区の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP