安定の猫駐車場


八王子市の猫

 3日前、奥多摩猫集落で出会った黒は、生後半年ほどの子猫だったにもかかわらず、咬合力がものすごくて、「クロちゃーん」と舐めてかかって差し出した手のひらに、直径3mmほどの穴を開けてくれた。その場ですぐに流水洗浄したものの、2~3時間のうちに痛みと腫れがひどくなり、帰宅してから近所の整形外科に行って診てもらったところ、咬創を中心に炎症が起きているとのことで、破傷風トキソイド0.5mLを筋注の上、7日分の抗生物質を処方された。それから二晩は微熱と全身の倦怠感があり、同時に偏頭痛まで起きたためかなり辛かったが、昨日の午後になってようやく軽快し、今日は通常通り夜勤の勤務に就いている。手の腫れと痛みはわずかに残っているが、もう気になるレベルではない。
 それにしても、今まで数多の猫にざっくりやられても平気だった俺を、いともたやすく感染させるとは、あいつはなかなか見どころのある子猫だ。爪で引っかかれるよりも、牙で咬まれる方がより深刻な結果に陥りやすいそうだ。動物種別では、犬咬傷は皮膚欠損創、猫咬傷は刺創となる症例が多いそうで、刺創の場合は表面を水で流しても効果が薄く、洗浄するなら切開が必要とのこと。俺は破傷風の予防接種が施行される前の世代なので、この機会に破傷風トキソイドをあと1~2回接種しておこうと思っている。
 今日はJRのみどりの窓口に用があり、散歩のついでに立ち寄って、今月末の猫温泉旅行の切符を発券してもらった。肝腎の猫の方は芳しくなく、近所の黒煙ちゃんのほかは、花街の置屋で2匹見かけただけだった。
 その黒煙ちゃんは鋭い視線でハトを狙っている。
府中市の猫

府中市の猫

 でもなぜか、こうなっちゃう。
府中市の猫

 ごろーん。
府中市の猫

 そして再び監視態勢に入った。転がってくれたのはサービスだったみたい。
府中市の猫

 花街の置屋の隣はコインパーキングだったが、今年2月ごろから公共施設の新築工事が始まり、今月3日にオープンした。時系列で写真を紹介すると、着工前(2019年5月)工事中(2020年4月)、そしてオープン3週間後の今日ということになるが、猫たちがまったく影響を受けていないところがこの街らしい。
八王子市の猫

 ほら、無影響。
八王子市の猫

八王子市の猫

 どっちかっつーと、俺の方が影響を与えているみたいね……。
八王子市の猫

 車の陰には相方の茶トラ白がいた。
八王子市の猫

 この2匹は今いちフレンドリーじゃないんだよな。どんどん奥へ行っちゃう。
八王子市の猫

八王子市の猫

 人懐っこい方の黒三毛姐さんの登場を待ってみたものの、これ以上は誰も現れず、今日の散歩はお開きとなった。
八王子市の猫

関連記事一覧

  1. 新宿区の猫
  2. 日野市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 名古屋市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 府中市の猫

    2020.11.29

    クロエさん
  3. 府中市の猫
  4. 昭島市の猫

    2020.11.27

    パイプの季節
  5. 日野市の猫

    2020.11.26

    不変の縄張り
  6. 日高市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP