青い空は眠くなる?


日野市の猫

 東京を離れている時や勤務中にどうだったかは分からないが、散歩中こんな青空に恵まれたのはいつ以来なのか、もう思い出せないくらい今年は天気が不順だった。気温も18〜20℃程度と、猫や人が日なたでまったり過ごすにはちょうど良く、甲州街道〜日野(3.6km)という短いコースだった割にはたくさんの猫を見かけた。もう少し頑張れば2回分のネタになるくらいだったが、すでに今でも三浦が2〜3回分、奥多摩2回分、その他1回分の写真が残っているので、これ以上増えずに済んで逆にほっとした。この季節、ちょっと油断するとどんどん写真が溜まっていく。
 空が澄みすぎて青っぽくなった写真に猫1匹。
日野市の猫

日野市の猫

 この辺で麦わらというと心当たりがあり、帰宅してから調べたら顔見知りだった。今年初めに見かけた時はきれいにしていたのに、今日見たら口唇裂が進行して鼻水も垂れていた。
日野市の猫

 麦わらを案じて元来た方を振り向くと、車の陰にもう1匹いた。
日野市の猫

 ほらいた。
日野市の猫

日野市の猫

 近寄ったら逃げるかなと思っていたら、意外なことに向こうから寄ってきて、目の前に腰を下ろした。
日野市の猫

 しかし、指の挨拶は失敗。中途半端な高さの尻尾に揺れる想いが見て取れる。
日野市の猫

 最初の2匹は覚醒していたが、こういう天気だと猫はほぼ寝ている。
日野市の猫

日野市の猫

 こちらを見たのはほんの一瞬で、すぐにまた寝た。どこかで見た顔のような気がしてならない。
日野市の猫

 前方に地面を嗅ぎ回る猫発見。
日野市の猫

日野市の猫

 おお、君は去年の秋にも見かけた霜降り二毛さん。
日野市の猫

 あの時は出産直後だったせいか、ずいぶん痩せていたが、今は健康そうな体型に戻っている。この辺りに何匹か生息している霜降り猫は、この子の子供たちだと思う(一例)。
日野市の猫

 たわわに実った柿の木陰で黒が休んでいた。
日野市の猫

日野市の猫

 呼ぶと近寄ってくる子。ちょうど特急列車が通過したので一緒に撮ったが、黒だけに日陰に入ると分かんないな……。
日野市の猫

日野市の猫

 寝坊助四天王で寝坊助に遭遇。寝ているだろうとは思っていたよ。
日野市の猫

日野市の猫

 舌を鳴らしたら辛うじて薄目を開けた。気持ち良さそうにしているね。
日野市の猫

 傍らにも仲間が1匹。こいつも口唇裂だなあ。
日野市の猫

 1時間20分の散歩を終え、中河原に到着したのは13時。餃子の満洲で昼食を済ませ、家に向けて自転車を漕ぎ出して間もなく、車の下で怠惰に過ごす猫を見つけてしまった。
府中市の猫

 引いて撮ったらもう1匹いたでござる。
府中市の猫

 こいつは4月以来のサバ白。前回よりも表情が穏やかなのは好感度が上がったから?
府中市の猫

 「眠いからだろ」とでも言いたげなもう1匹は三毛。ここも知らない子がまだまだたくさんいるなあ。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 川崎市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 府中市の猫

    2020.11.29

    クロエさん
  3. 府中市の猫
  4. 昭島市の猫

    2020.11.27

    パイプの季節
  5. 日野市の猫

    2020.11.26

    不変の縄張り
  6. 日高市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP