挨拶から始まる猫散歩


日野市の猫

 夜勤の休憩時間はできるだけ仮眠を取るようにしているが、オフィスチェアを並べて無理な姿勢で寝ているうちに腰が痛くなり、ついに生活に支障が生じるくらいまで悪化してしまった。これ以上こうした寝方を続けたら本気で動けなくなるので、昨夜のうちにAmazonでキャンプ用のマットを注文して、明日直接職場へ届くよう手配した。冬期間は自ら希望して夜勤ばかりにしてもらっているので、すぐに対応しないと本当にヤバい。
 昨日からの体調不良は回復したものの腰痛が心配だったため、今日の散歩は距離の短い甲州街道〜日野を選んだ。標準的には4kmほどの区間だが、今日はとても天気が良かったので、新規開拓コースを少し取り入れて5.8kmになった。
 散歩開始は11時ちょうど。明け方に今シーズン初めて氷点下を記録した西多摩地区だったが、このころには強い日差しで12℃ほどまで上がっており、猫たちも暖を取るため見えるところに出てきていた。
日野市の猫

 キジ白の女の子は少し警戒しているようだね。
日野市の猫

日野市の猫

 猫と親睦を深める始めの一歩は指の挨拶から。俺の匂いに満足したキジ白は敷地の奥へ戻っていった。
日野市の猫

 日差しを背中に浴びて惰眠を貪る猫発見。
日野市の猫

日野市の猫

 不穏な気配に気づいて頭をもたげたが、眠すぎて事態が飲み込めていない様子。
日野市の猫

日野市の猫

 その辺を一回りして戻ったらしゃんとしていた。こういう回りくどいアプローチをすることはたびたびある。
日野市の猫

 こちらは築堤下の猫拠点。横になって休んでいる黒いシルエットが分かるかな。
日野市の猫

日野市の猫

 黒いシルエットというか、黒猫。この子は馴染のお母さん。
日野市の猫

 鼻の下の小さな白ぽちがトレードマーク。何だかんだで5ヶ月ぶり。
日野市の猫

 ブロック塀の陰から赤毛のキジトラがこちらを窺っていた。
日野市の猫

日野市の猫

 この辺りにはこうした赤っぽい毛色のキジ系が多く、中にはO遺伝子由来のレッドが混じった二毛もいるので(一例)、よく観察しないと毛色の分類を間違えてしまう。きっとみんな親戚なのだろうな。
日野市の猫

日野市の猫

 塀の向こうからこちらを窺う猫がもう1匹。今度はだいぶ警戒しているみたい。
日野市の猫

 逃走を図ったところ、プスプス呼ぶ音に反応して一時停止。
日野市の猫

「へっぴり腰の写真なんか撮らないで」
日野市の猫

 澄み渡る青い空の下を白がお散歩していた。
日野市の猫

 訝しげにこちらを眺めている。尻尾も下がっちゃってるし、これは厳しいかも分からんな。
日野市の猫

日野市の猫

 一人すりすりが始まったところを、そおっと近寄って一枚。この直後、カメラを嫌がって逃げてしまった。
日野市の猫

 最後の猫は割と大胆な場所に佇んでいた。
日野市の猫

 通りすがりの中学生が珍しくもなさそうに猫を一瞥していく。常駐さんなのかしら。
日野市の猫

日野市の猫

「常駐さんですよ!」
日野市の猫

 一通り転がったあと、自宅と思しき民家へ続く一本道を戻っていった。病み上がりの散歩は盛況で楽しかったが、気温が低くて体が冷えたので、腰には良くなかったかも知れない。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 中央区の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 府中市の猫
  3. 府中市の猫
  4. 小田原市の猫
  5. 川崎市の猫

    2022.1.19

    金色の背中
  6. 所沢市の猫

    2022.1.18

    猫農家の残党
  7. 川崎市の猫
  8. 川崎市の猫

    2022.1.15

    二十歳

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP