斜面の六花咪


立川市の猫

 昨日、バニラエアで千歳から成田へ飛び、自宅に帰着したのは22時をだいぶ過ぎたころだった。予定ではそれより1時間早く帰るはずだったが、飛行機が30分ほど遅れたため、あらかじめ切符を買ってあった成田エクスプレス46号には当然間に合わず、券売機が混雑していて次発の48号にも間に合わず、次々発の50号にようやく乗れたのだった。
 指定席特急券の列車に乗り遅れた場合、当日中に限り、後発列車の自由席に乗れることになっているが、成田エクスプレスは全車指定席であり自由席はない。こういう場合どうするんだっけなーと、時刻表のピンクのページの記憶をたぐってみたが、どうしても思い出せず、後ろに並ぶ列の無言の圧力に負けて、新たに指定席特急券を買い直したのだった。正解は、「後発の列車に立席扱いで乗り、車掌に申し出て指定席変更券を発行してもらう」。券売機に並ぶ必要もなかったし、差額の520円だけで済んだのに、2,350円も払って1時間遅く帰るバカな俺……。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、今日から早速仕事なので猫関係業務も再開。散歩コースは軽めの立川北~柴崎体育館にしておいた。
 最初に人妻三毛ちゃんちを覗いてみると、奥の方でダンナが伸びていたものの本人は不在。茶猫タウン北の路地では茶トラ白が草の匂いを嗅いでいた。
立川市の猫

立川市の猫

 一瞬、南側の公園にいた子かと思ったが、よく見ると模様も顔つきも違っていた。
立川市の猫

 初めて会う子かな。ここは茶系が多すぎてちょっと自信ない。
立川市の猫

 一方、茶猫タウン南のこいつは、三兄弟の一匹なのでよく覚えている。
立川市の猫

 あとの二匹は最近見ない。冬になったら見えるところに出てくるかな。
立川市の猫

 とある民家の敷地で惰眠を貪る猫発見。
立川市の猫

立川市の猫

 場所を変えて覗いたらバレてた。なかなか勘が鋭いな。
立川市の猫

 最初の散歩で見かけた猫は以上の3匹。やや淋しい結果だったので、モノレールの松が谷から多摩センターまで1駅歩いてみた。谷戸の急斜面で六花咪が寛いでいる。
多摩市の猫

 寝たふりしたってダメだよ。今そこに行くから待ってて。
多摩市の猫

 滑落しそうになりながら接近する俺を、哀れむような目で眺める六花咪。猫探しは気合いだ。
多摩市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 川崎市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 八王子市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫
  2. 白河市の猫
  3. 三浦市の猫

    2020.10.29

    再び海へ(2)
  4. 立川市の猫

    2020.10.28

    顎の裏
  5. 昭島市の猫
  6. 府中市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 八王子市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP