入れ替わる白


川崎市の猫

 旅行から戻った次の日くらいは休みたいでもなかったが、自分の性格上、一晩仕事に出て強制的に気分をリセットした方がいいと思い、敢えて変更しなかった。明日は一日お休みなので、休養日にしてゆっくりするつもりだ。ちなみに北海道の猫写真を仕分けたところ、全部で115枚になり4回あれば全部載せられそうだ。
 今日の夜勤明けは稲田堤。気温は23~24℃とさほどではなかったが、日差しを受けるとそれなりに暑い。猫的には微妙な気温だったのか、活動している派とまったりしている派に分かれている感じだった。
 1匹目は瓢簞横丁のサビ。一昨日にも登場したばかりだが、あれは予約投稿で載せた記事で、実際に会ったのは9月21日だから10日ぶり。
川崎市の猫

川崎市の猫

 気難しい子だったらしく、近寄ったらシャーと怒られた。目線ももらえずじまい。
川崎市の猫

 とあるお稲荷さんの参道脇でキジ白を見かけた。奥の方には白もいる。
川崎市の猫

川崎市の猫

 白は顔見知りのオッドアイ。尻尾がすごいことになってる(通常時はこちら)。
川崎市の猫

 猫拠点の納屋にも白がいた。ここの猫たちは逃げ足が速く、写真を撮るのも一苦労だ。
川崎市の猫

川崎市の猫

 ズームレンズの望遠端が300mm(換算460mm)あるから大きく写っているが、近寄るのは5mが精一杯。
川崎市の猫

 その傍らには黒も。距離はやっぱり5m。
川崎市の猫

川崎市の猫

 横に回って物陰からもう1枚。
川崎市の猫

 納屋に戻るとさっきの白猫がまだいた。……と思ったら違ってるやん!
川崎市の猫

 散歩終了間際、日陰で伸びる猫発見。
川崎市の猫

川崎市の猫

 猫って結局年中寝てるよな。
川崎市の猫

 「んなこたあない」
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 国分寺市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  5. 府中市の猫
  6. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー
  7. 杉並区の猫
  8. 川崎市

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP