稲田堤の怠惰な面々


川崎市の猫

 この記事が公開される18時ごろ、俺はすでに千歳空港を飛び立ち、成田行きの機上の人になっているはずだ。羽田行きではなく、わざわざ成田行きのLCCを選んだのは単に安いからだが、そのお陰で空港から自宅まで2時間半かかってしまって、今夜のバルス祭りに間に合うかどうか微妙なところだ。この文章を書いている24日時点では、函館も夕張も天気予報が非常に芳しくなく、北の大地で猫に会えているのか、まったく見当がつかない。もし会えていたら、数日以内には紹介するので、一つお楽しみに。
 3日間に渡る予約投稿の最終回は、今月21日の夜勤前に会った猫たち。秋めいてきたとはいえ気温は28℃と高く、昼下がりの散歩を楽しむにはまだ少し早い。こんな日に頼れる猫たちも減ってきていて、どこへ行くか少し悩んだ結果、谷保から西府まで1駅歩いてみることにした。
 まずは自宅から駅の間に1匹遭遇。コントラストが高いので、日陰に入られると分かりにくいな。
日野市の猫

日野市の猫

 鳴き声に聞き覚えがあると思ったら、先月13日にも駅前で会っていた。君の家はここだったのね。
日野市の猫

 谷保駅をスタートしたのは13時半。最初に立ち寄ったスクーター邸で見かけた猫たちが、この日の収穫の大部分を占めた。ていうか分かりにくい?
国立市の猫

国立市の猫

 振り向けばスクーター二毛。そんな分かりやすいところにいるのは珍しいね。
国立市の猫

国立市の猫

 もしかして隠れているつもり?
国立市の猫

 「あの子はシャイだから出たがらないんだよ」
国立市の猫

 そりゃどうも気がつきませんで。
国立市の猫

 危惧した通り、散歩自体は不調で、西府までの間に見かけた猫は1匹に留まった。まあこれもよく気づいたなと自分でも思うけど。
国立市の猫

国立市の猫

 オス猫のような顔立ちの三毛。俺の猫遍歴で、一度ぐらいオスの三毛に会ったことはあるんだろうか。3万分の1程度の確率だというから、数的にはぜんぜん足りてないか(個人的にはオスの三毛より多趾症の猫に会いたい)。
国立市の猫

 階段で怠惰に過ごす3匹の猫。
川崎市の猫

川崎市の猫

 地面にも転がっていた。
川崎市の猫

 乗り換えの稲田堤で見かけたのは生きの悪い4匹。真ん中の無尾のキジトラだけしゃんとしていた。
川崎市の猫

 なので、逃げ足も速い。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 府中市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  5. 昭島市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP