秋晴れは猫晴れ(2)


立川市の猫

 昨日は朝の散歩を終えたあと洗濯機を3回まわし、とりあえず当日分の猫写真の準備をしたあと、午後から羽村の父のところに出かけて、ついでに河辺で一杯飲んできた。一日中息つく暇もなく、大量に撮影した猫写真が最終的に何枚になるかも見当がつかなかったが、今日になって一通り整理が終わり、全部で77枚になることが判明した。3回に分けて載せるうち、今日はその2回目ということで、ドジョウ髭の三毛のあとに見つけた茶トラ白からスタートする。
立川市の猫

 ありゃ。
立川市の猫

 逃げた茶トラ白を追って塀の向こう側に回ると、待っていたかのようにこちらを見つめていた。美味しいものを持っているかも知れないから、逃げ切ってしまうと、むしろ不利益になる場合がある。その辺のことを猫はよく分かっている。
立川市の猫

 その習性(?)を利用して、少しずつ近寄ってみる。
立川市の猫

立川市の猫

 姿勢が少し低くなった。この辺が限界かな。
立川市の猫

 毛並みといい、体格といい、食うに困っているようには見えないんだけれども。やっぱり習性なのかな。
立川市の猫

 2匹の三毛が住む猫拠点に立ち寄ってみた。
国立市の猫

国立市の猫

 2匹揃って見かけるのはとても久しぶり。調べてみたら、2012年10月以来だった。
国立市の猫

 つかつか。
国立市の猫

 「遊びに来たのー?」
国立市の猫

 「何して遊ぶの?」
国立市の猫

 もう1匹の方はお年を召しているのか、車の下に落ち着いたまま動かない。初めて会ったのはこちらの方が早く、2011年11月に遡る。
国立市の猫

 ああっ、今遊ぶからカメラ見切んないで。
国立市の猫

 道路の真ん中でぽつねんとする白発見。たまに見かける青い目の子だ。
立川市の猫

立川市の猫

 今回初めて気づいたんだが、この子はどうやら二股尻尾のようだ。なかなか近寄らせてくれない子で、触るなんてほぼ無理なので、寝込みを狙って撮影に挑戦してみる。
立川市の猫

 「なんだか不穏な空気を感じるわね」
立川市の猫

立川市の猫

 いつもの猫路地の突き当たり。この日は2匹の猫がこちらを窺っていた。
立川市の猫

 フレンドリーなのは三毛の方なんだが、彼女はカメラが苦手なため、アンフレンドリーな黒白が残った。割と珍しいパターン。
立川市の猫

 上機嫌の三毛発見。
立川市の猫

 ほら、おいでー。
立川市の猫

立川市の猫

 ごろーん。
立川市の猫

立川市の猫

 可愛らしい顔立ちの子だったが、日差しが強くて上目遣いなのと、眼窩が陰になるのとで、どうしても怖い顔になってしまう。こういう場合は敢えて上から見下ろして撮った方がいいかも知れない。
 ……今日紹介するのはここまで。最後の分はまた後日ということで一つよろしく。 立川市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 調布市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫
  2. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  3. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  4. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  5. 府中市の猫
  6. 日野市の猫

    2020.6.27

    保護土嚢
  7. 立川市の猫
  8. 三鷹市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP