台湾一周・猫の旅(6)


枋寮郷の猫

 台湾猫散歩3日目の1月11日、帰国日の朝は枋寮で迎えた。
 前日は台東からの普快車で18:20に到着し、駅前の食堂で豬肉泡菜炒飯をかっ込んで腹ごしらえ。読めないメニューを適当に指差して注文し、わくわくして待っていたら、出てきたのは豚キムチ炒飯で、少しがっかりしたが味は良かった。寝る前に甘いものが欲しくて、セブンイレブンで木瓜牛乳パパイヤミルクと明治のミルクチョコレートを買い、宿に着いたのは19時ちょうど。俺はチョコレートが好きで、主食と言っても過言ではない。
 この日泊まったのは、枋寮鐵馬客棧という名の小さな宿。鐵馬というのはロードバイクのことらしく、この宿を営んでいるのが駅前の自転車屋なので、チャリダーの集まる宿すなわち鐵馬客棧なのだろう(たぶん)。宿の前に着いて電話したら、自転車屋の奥さんと思しき若い女性が鍵を開けに現れて、部屋の説明や近所の観光案内をしてくれた。日本語はまったく喋れず、俺も事前に中国語も台湾語も分からないと伝えてあったので、お互い不自由な英語で汗をかきながらの会話だった。宿泊料金は500元(約1,800円)で、トイレとシャワーは共同だが、客は俺だけだし、自転車屋の奥さんは店に戻ってしまって誰もいない。全館貸切で心底リラックスできた。
 帰国日の11日は朝のうち雲が多かったが、予報は晴れ。枋寮郷は台湾の南端に近く、気候区分は熱帯に属するので、日中は余裕で25℃を超えると思われた。夜が明けて明るくなるのも花蓮の時より早く、写真撮影に支障ないと判断して出発したのは7時ちょうど。だだっ広い道路脇で最初の猫に遭遇したのは5分後のことだった。
枋寮郷の猫

 目つきは悪いが、いいスタートかも。
枋寮郷の猫

 通りから少し引っ込んだ場所にもいた。汚れたコンクリートが保護色になって、よく見えないかな。
枋寮郷の猫

枋寮郷の猫

 台湾名物(?)の赤茶けたキジトラ。二毛かも知れないが自信ない。
枋寮郷の猫

 もう少し懐いてくれると、張り合いがあるんだけどな。
枋寮郷の猫

 7時に散歩を開始して15分ほど経つと、メインストリートに沿う小学校には続々と児童が登校してきて、交差点や横断歩道には保護者が立って見守っている。日本でも見慣れた光景だが、時間がだいぶ早いと思って調べたら、台湾の小学生は7時半ごろ登校して、清掃と自習を行い、最大7時限の授業を受け、16時近くに下校するんだそうだ。小学校6年間で習う漢字は3,000字だそうで、日本の小学校で習う1,006字はもちろん、常用漢字2,136字、漢字検定準1級の2,994字さえ上回る。ただし読むことに関しては、日本語の方がはるかに難しいと思うので、単純には比較できない。例えば「猫」は中国語で「マオ」だが、日本語では「ねこ、びょう、みょう、ぼう」だし、それらをどう読み分けるのか、論理的に説明するのは難しい。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、眠そうな子供たちで賑わうメインストリートを避けて一本隣の路地に入ると、やはりここにも猫がいた。
枋寮郷の猫

枋寮郷の猫

 君もだいぶ赤茶けているね。
枋寮郷の猫

 調子こいて近づきすぎたか、カメラを嫌って離れてしまった。
枋寮郷の猫

 そんな様子をじっと見つめる丸い目。
枋寮郷の猫

枋寮郷の猫

 キジ白と入れ替わりで、細い目。
枋寮郷の猫

 草むらにはちょうちょ。1月に見ることになろうとはねえ。
枋寮郷の猫

 街なかを抜けて海岸通りに出た。赤い朝日に当たって毛繕い中のキジトラ。この街はキジ系が多い。
枋寮郷の猫

 植生が南国だ。防潮堤の向こうは南シナ海。
枋寮郷の猫

 顔つきもトロピカルに見えるのは気のせいかな。
枋寮郷の猫

 海沿いはあと回しにして、人通りの少ないうちに街なかを片付けることにした。まあどこへ行っても猫たくさんいるわー。
枋寮郷の猫

枋寮郷の猫

 めっちゃ怪しんでいる顔つき。国際親善を深めたいんですけど。
枋寮郷の猫

 お、茶トラもいるんじゃん。この子は人懐っこいかも。早安ー。
枋寮郷の猫

 「……」
枋寮郷の猫

 「我現在和哪個美眉在約會中。你很白目喔。然後未完待續」(デートしてんだよ。空気読めよ。あと次回へ続くからな)
枋寮郷の猫

関連記事一覧

  1. 名古屋市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  5. 府中市の猫
  6. 八王子市の猫

    2020.2.11

    定員オーバー
  7. 杉並区の猫
  8. 川崎市

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP