願った分だけ


朝霞市の猫

 まあ俺もサラリーマンなので、日々色々あって疲弊しているわけだけれども、そんな鉛色に沈んだ心に蝋燭のような明かりをともしてくれるのが猫である。数が多ければありがたいというものでもなく、そこにささやかで暖かなものがただ一つ存在してくれるだけでいい。
 ……そんな思いが通じたのか、今朝の猫は正直に1匹であった。
朝霞市の猫

朝霞市の猫

 小首をかしげてこちらを見ていると思ったら、微妙に目を逸らしているね。
朝霞市の猫

 早く会社の近くを開拓しないと、冬場の散歩コースがなくなってしまう。そう思って今朝は北朝霞駅の近くを一回りして、辛うじて1匹だけ見つけることができた。指の匂いを嗅いでもらって、お互い満足してその場を離れた。
朝霞市の猫

関連記事一覧

  1. 青梅市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 三浦市の猫
  5. 小平市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 多摩市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 日高市の猫
  4. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号
  5. 福生市の猫

    2020.3.23

    初めての挨拶
  6. 日野市の猫

    2020.3.22

    大きなキジ白
  7. 国分寺市の猫
  8. 多摩市の猫

    2020.3.20

    夜の六花咪

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP