願った分だけ


朝霞市の猫

 まあ俺もサラリーマンなので、日々色々あって疲弊しているわけだけれども、そんな鉛色に沈んだ心に蝋燭のような明かりをともしてくれるのが猫である。数が多ければありがたいというものでもなく、そこにささやかで暖かなものがただ一つ存在してくれるだけでいい。
 ……そんな思いが通じたのか、今朝の猫は正直に1匹であった。
朝霞市の猫

朝霞市の猫

 小首をかしげてこちらを見ていると思ったら、微妙に目を逸らしているね。
朝霞市の猫

 早く会社の近くを開拓しないと、冬場の散歩コースがなくなってしまう。そう思って今朝は北朝霞駅の近くを一回りして、辛うじて1匹だけ見つけることができた。指の匂いを嗅いでもらって、お互い満足してその場を離れた。
朝霞市の猫

関連記事一覧

  1. 日野市の猫
  2. 福生市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP