夜勤明けは控えめに


立川市の猫

 俺が東京に引っ越してきたころの有楽町線は、営団成増~新富町までしか開通していなかった。ほとんど用のない路線ということもあって、何となく短くて不便というイメージのままだったが、言うまでもなく、今は新木場から埼玉の山奥まで直通していて、朝夕の混み方といったらそれはひどいものだ。
 体力的な問題により、夜勤明けの猫関係業務は家に近い方を選びがちだが、よく考えたら、和光市から有楽町線に乗れば、乗り換えなしで都心に出られることに気づいた。どれだけ浦島太郎なんだと言われそうだが、仕事帰りに上り電車に乗るという発想がなくて、まったく思いつかなかった。なので、昨日の夜勤明けは月島や勝どきを歩いてきた。
 結論から書くと、16時間勤務のあと都心を2時間半歩くとか、いくら乗り換えなしだからといって体を酷使しすぎ。家に帰って間もなく偏頭痛が始まって、24時間ほど寝込むことになってしまった。
 月島猫の1匹目は路地の黒白。
中央区の猫

中央区の猫

 この模様には見覚えがあって、ずいぶん前に古墳で見かけた子猫にそっくりだ(こちら)。30kmも離れた場所だから当然別の猫だろうけど、とても懐かしい気持ちになった。あの子どこかで元気にしているかなあ。
中央区の猫

 今にも泣き出しそうな空模様。こんな路地ではこのぐらいの方が撮りやすい。
中央区の猫

 会うのは難しいだろうと思っていた隅田川1号。大きなマンションの下で鳴いていた。
中央区の猫

中央区の猫

 1枚撮るごとに待ち時間が15分。自転車や歩行者が通るたびに植え込みに引っ込むので、俺の方が最初に音を上げた。
中央区の猫

 猫路地に茶色いの2匹。
中央区の猫

中央区の猫

中央区の猫

 この子たちは9月にも会ったばかり。手前のは18~19歳ぐらいだというけど、とてもそんな年には見えない。前回より若返ったようだね。
中央区の猫

 月島~勝どき~佃と一周して、最後に見かけたのは巡回中のキジ白。
中央区の猫

 必死に呼び止めてみたが、すたすた歩いて民家の隙間に入っていった。
中央区の猫

 路地のキジ白のあと、電車の車内でグースカ寝て、地元に戻ってきたのは15時前。腹は減るし眠いしで、ふらふらになって駅から出ると、駐輪場に美人さんの妹がいるのを見つけてしまった。
立川市の猫

立川市の猫

 今日は機嫌が良さそうだな。
立川市の猫

 早く撫でろと急かす妹。ご要望通りお尻を撫でたら、ごろごろすりすりが止まらなくなり、しばらく撮影が中断。
立川市の猫

 引っ越してきてから会うのは初めてだね。君のねぐらに自転車を停めることになったから、今後ともよろしく頼むよ。
立川市の猫

 えーと、謝礼はご飯のおじさんに預けておくよ……。
立川市の猫

立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 秩父市の猫
  5. 東村山市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  2. 小金井市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 立川市の猫
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP