どんぐりころころ


八王子市の猫

 明日は風邪を引いて会社を休み、高熱にうなされ、ふと気づいたら奥多摩で猫と戯れている予定だったんだが、それをやるなら今日の方が良かった。両日とも晴れるようだが、真のドピーカンは恐らく今日限りで、明日はきっと雲が出る。山間の猫集落は日が翳るのが早いので、行くなら出来るだけ天気のいい日を選びたい。なので明日は風邪なんか引かないで普通に出勤し、奥多摩は次の機会を窺うことにした。
 今朝の散歩は東中野バス停から多摩センター駅まで。このコースは始発のバスが6:38と遅く、夏場は散歩時間が短くなってしまってもったいないが、日の出の遅いこの季節は、職場に近い分だけ有利になる。里山の葉っぱの色づき具合を見たかったこともあり、いつにも増してゆっくり歩いてみた。
 真っ赤な鳥居の向こうに猫発見。
八王子市の猫

 空が澄み切ってとても眩しい。瞳孔がこれ以上ないくらい細くなってる。
八王子市の猫

 尻尾の先が上を向いているのは、こっちに興味津々だからかな。あいにくお土産は持ってきてないんだよ。
八王子市の猫

八王子市の猫

 定点の猫民家でキジ白がちょこなんとしていた。相方の三毛は不在のようだ。
八王子市の猫

八王子市の猫

 アパートの階段で2匹の猫が日なたぼっこしていた。
八王子市の猫

八王子市の猫

 茶トラ白が下りてきた。遊んでくれるのかな。
八王子市の猫

 あらま、朝チュー。
八王子市の猫

 「僕はこれから巡回なんだよ」
八王子市の猫

 「行ってらっしゃーい」
八王子市の猫

 谷戸の公園は落ち葉の絨緞。木漏れ日に六花咪が佇んでいた。
多摩市の猫

多摩市の猫

多摩市の猫

 強い北風が間歇的に吹いていて、そのたびに頭上から大量のどんぐりが降ってくる。何粒かが俺の背中に入って「あひゃー」と驚き、カリカリを撒く音と勘違いした猫が「にゃー」と鳴く。絶妙な呼吸の俺たち。
多摩市の猫

 ぱらぱら降ってくるものが食べられないと知った六花咪は、南向きの斜面に留まって動かなくなった。
多摩市の猫

多摩市の猫

 多摩市の森は色づき始めたばかり。冬にならないうちに、また訪ねてみよう。
多摩市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 川崎市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  3. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  4. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP