黒猫と係長とすっぽんなど(1)


昭島市の猫

 一日だけのお休みだった昨日は、職場の同僚二人と連れ立って、すっぽん料理を食べに行った。「食べたことのないものを食べてみよう」という趣旨の食事会で、全員すっぽん初体験だったが、そのうち一人が2~3口食べただけで「無理」とか言い出して、次々出されるコース料理に箸すらつけようとしない。俺もガツガツ行けるほど好きな味ではなかったが、他所で出されたものに箸もつけないなど失礼すぎて居たたまれないので、人の分まで完食して死にそうになって帰ってきた。なので昨日はブログの更新を休んだ。
 昨日はすっぽんだけでなく、朝の散歩もちゃんと済ませた。今月は色々と忙しくて余暇が少なく、昨日は髪を切るつもりで西立川を散歩地にしたのに、よく考えたら第一週の月・火曜日は床屋がお休みなのだった。
 家を出たのは6:50。猫ヶ丘を回ってバス停へ向かっていると、ご飯待ちと思しき猫が民家の玄関前に張り付いていた。
日野市の猫

日野市の猫

 茶系が多いエリアなので確定的なことは言えないが、この子はたぶん去年の子猫だと思う。この地で成猫まで育った数少ない1匹。
日野市の猫

 バス停までの間にもう1グループ。左側の黒は今年の生まれらしく、まだ小さいころ、近所を走り回っているのを見たことがある。キジトラはよく分かんない。
日野市の猫

 「引っかかる言い方だな」
日野市の猫

日野市の猫

 西立川の1匹目は定位置に佇む巨大黒猫。
昭島市の猫

昭島市の猫

 2ヶ月ぶりの巨大黒猫。元気にしてた?
昭島市の猫

 ごろーん。
昭島市の猫

昭島市の猫

 コントラストの高い朝は黒い被毛がテッカテカに写ってしまう。佇立する黒猫を前に、ああでもないこうでもないとカメラを向けていたら、いつの間にか背後に小学生の列ができていた。登校中の子供たちが撫でに来たのだった。
昭島市の猫

 旧々居時代によく通った猫路地。塀の上で日に当たっているのがいた。
昭島市の猫

 痩せっぽちのキジ白。気持ち良さそうに目を閉じている。
昭島市の猫

 近寄ったら上目遣いにこちらを一瞥。次の瞬間には消えていた。
昭島市の猫

 青2号の路地まで足を延ばしてみたが、あいにく本人は不在で、代わりに小柄なキジトラが出てきた。
昭島市の猫

昭島市の猫

 濃い目のM字ラインがカッコいい子。ここは旧々居からほど近く、かつては何度も通った場所だが、過去に会ったことがあるかどうかは不明。
昭島市の猫

 この近所には猫民家があって、多くのキジトラを輩出しているが、白斑がないと判別するのが難しい。
昭島市の猫

 あそこのもきっと同じ一族。
昭島市の猫

 睨んでいるな。
昭島市の猫

 このあとも散歩は続き、某巨大公園では撫でられ業務中の茶トラ係長にも会えた。残りは週末か週明けまでには載せる(こちら)。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 川崎市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 琉球郷の猫
  4. 国立市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 調布市の猫

    2020.4.7

    お焦げさん
  2. 府中市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  5. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  6. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  7. 多摩市の猫
  8. 立川市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP