木陰でお昼寝


立川市の猫

 今日は久しぶりの夜勤。台風7号くずれの生ぬるい強風が吹き荒れて、猫なんか見つけられる気はしなかったが、かといって何もしないのはもっとつまらないので、儀式的に西国立から矢川まで歩いてみた。結論から書くと見かけたのは2匹に留まり、この季節、夜勤前に猫を探すことがどれだけ過酷かを思い出しただけだった。今夜は本業が忙しいので、ささっと紹介して仕事に戻る。
 1匹目は学校裏の猫アパート前で発見。常駐メンバーの黒白が道端の匂いを嗅いでいた。
立川市の猫

 こちらに気付いた途端、車の下へ避難してしまった。長い付き合いなんだから、もう少し懐いてもらえませんかね。
立川市の猫

 (聞こえないふり)
立川市の猫

 こちらはオッドアイの黒白。気持ち良さそうにお昼寝中。
立川市の猫

立川市の猫

 桜の巨木がいい木陰を作っている。猫たちがここを気に入るわけだ。
立川市の猫

 目を覚ましても動かない。逃げるのも億劫なようだ。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 羽村市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 横浜市の猫
  5. 福生市の猫
  6. 国立市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  3. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  4. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP