鼻黒違い


立川市の猫

 今日の夜勤は17時~翌11時と普段より1時間だけ後ろにずれていて、雨雲が切れるころを見計らって家を出たつもりが、思いっ切り被ってしまって雨見の散歩となった。見かけた猫もわずかだったが、散歩ついでに人妻三毛ちゃん邸の現況を確認するという目的は達せられた。1階部分を丸ごと全取っ換えする勢いの大規模リフォームで、基礎と柱だけしか残っておらず、あれでは三毛ちゃんが戻るまでは当分かかりそうだ。
 縦格子のフェンスから顔を覗かせた一輪の彼岸花と猫。ここは茶猫タウン北の細い路地。
立川市の猫

立川市の猫

 いつもならだいぶ手前で逃げてしまう黒白だが、今日は余裕かましている。さては俺がそこに立ち入れないことを分かっているな。
立川市の猫

 とある民家の玄関先に佇んでいたのは、やはり黒白。この家で猫を見るのはとても久しぶり。
立川市の猫

 ここにはかつて、皺みたいな模様の三毛鼻黒の黒白など、お気に入りの猫が何匹か暮らしていた。あの鼻黒だったら嬉しいんだが、この子はよく似た別猫のようだ。
立川市の猫

 あの子たち、もし元気にしているなら、俺が会いたがっていたって伝えておいて。
立川市の猫

 散歩終盤は17日に歩いたコースと一部重複する。誰かいるかなと思って擁壁の路地を覗くと、軒下で長毛キジ白が雨宿りしていた。
立川市の猫

立川市の猫

 穏やかな顔つきでこちらを眺めている。気温は20℃を割り込んで過ごしやすい。
立川市の猫

 水辺に住む黒白を訪ねてみたものの、あいにく不在で、がっかりして立ち去ろうとしたら窓辺に猫がいた。
立川市の猫

立川市の猫

 びっくり顔のキジ白。近寄ってカメラを向けたら、丸い目が一層丸くなった。今日はこれでおしまい。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 川崎市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 青梅市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 府中市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 奥多摩町の猫
  3. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  4. 日野市の猫
  5. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  6. 宮古市の猫
  7. 久慈市の猫
  8. 三鷹市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP