米軍基地に猫影なし(2)


福生市の猫

 長い雨は夜になってようやく上がったが、気温は一日中低いままで20℃にも満たなかった。雨が強く、ワイシャツ姿では寒くもあり、職場から一直線に帰宅して布団に潜り込むと、サチコが入ってきて腋の下で丸くなった。きっともう秋が来たんだと思う。
 今日紹介するのは、今月16日、横田基地の友好祭の日に見かけた猫たちの続き(前回はこちら)。タイトルから分かるように、基地内では1匹の猫も見かけなかったわけだが、恐らくそれは15万人とも言われる人出のせいではなく、滑走路に猫がうろついていては困るからだろう。ジェットエンジンは非常に強い吸気を生じるので、地上の猫といえども、機体に接近したらバードストライクならぬキャットストライクを起こしかねない。
 横田基地には2時間ほど滞在。名物の巨大ステーキを食し、航空機や施設設備を見学するなどして、正午ごろ基地をあとにした。
 拝島駅へと向かう散歩の終盤、とある飛び地の路地で猫に行き会った。
福生市の猫

 「いい子だね、おいでー」と声をかけると、背後からもう1匹顔を出した。どちらもこの家の猫のようだ。
福生市の猫

福生市の猫

 大白班のクリーム白は人懐っこい子。
福生市の猫

福生市の猫

 可愛いねえ。
福生市の猫

 キジトラは少し距離を置いている。同じ環境で暮らしているだろうに、猫の性格というのは色々あって面白い。
福生市の猫

福生市の猫

 今日は紙幅に余裕があるので、もう少し引っ張るよー。
福生市の猫

 ほら、ごろーん。
福生市の猫

 この時点で12kmほど歩き続けて死にそうになっていたが、この子たちのお陰でだいぶ疲れが取れた。
福生市の猫

 拝島駅へ至るこのコースは、いつもなら静かにゆっくり猫を探せるんだが、この日は友好祭へ向かう人や車が裏路地にまで入ってきて落ち着かない。団地なら静かだろうと思って覗いてみると、果たしてエントランスに佇んでいるのがいた。
福生市の猫

福生市の猫

 突然カメラを向けられて、意表を突かれたような表情。過去にも会ったことがあるような気がするが、黒白鉢割れは多すぎて調べ切れない。
福生市の猫

 この日最後の猫は、線路端の長毛三毛婆さん。
福生市の猫

福生市の猫

 婆さんに初めて会ったのは7年前の2011年9月に遡る。外暮らしの長毛としては良くも悪くもない毛並みで、今いち健康状態を測りかねているが、線路端に残る猫は今や彼女だけになってしまったようだ。
福生市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 台西郷の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 新北市の猫
  5. 所沢市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP