母も二股尻尾


国立市の猫

 日中は猛暑が続いているが、夜は比較的涼しくなって、この辺りだと明け方に21℃ぐらいまで下がる。そのせいなのか、朝の散歩ではずいぶんたくさんの猫が見つかる。猫は日光を浴びることでビタミンDを得るらしいので、少しでもチャンスがあれば、日なたに出たいのかも知れない。
 今朝の散歩は矢川駅から会社まで。最初に見つけたのは畑に佇む茶トラ白。
国立市の猫

 変わったところで寛いでいるね。
国立市の猫

 「こういうところがいちばん涼しいんだよ」
国立市の猫

 疎水べりの公園では、ちょうどご飯が終わったところらしく、数匹の猫たちがまったりしていた。
国立市の猫

国立市の猫

 基本的にここの猫たちは無愛想だ。
国立市の猫

国立市の猫

国立市の猫

 ああっ、洗いたいっ。
国立市の猫

 このメンツの中で、比較的人見知りしないのはこの二毛。
国立市の猫

 とはいえ、向こうから寄ってくるわけではないんだけれども。
国立市の猫

 ザ・ブアイソーズの公園は早々に切り上げて、谷筋から坂を登って立川市に入ると、民家の前でいつもの灰白がご飯を待っていた。
立川市の猫

立川市の猫

 ここも定点。今朝は三毛が道路に出ていた。
立川市の猫

立川市の猫

 オッドアイの相方もいた。
立川市の猫

立川市の猫

 時々見かけるシナモン君。今朝は車の下で行き交う人を眺めていた。
立川市の猫

 うまく色が出ていないけど、茶トラではない何か。シナモン色はもっと濃いと思うけど、シナモン君と呼んで久しいので、そのままにしとく。こいつはちょっと近寄るとすぐに逃げるので、見かける回数の割に写真が少ない。
立川市の猫

 最後に会ったのは七三ファミリーの母。よく見たら君も二股尻尾じゃない? 子供Bの尻尾は君から遺伝したのかー。
立川市の猫

 明日はもし4時半に起きられたら仕事前にもう一度矢川に行ってみる。今週は疲れてるっぽいので無理かもだけど。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 日野市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP