谷保猫


国立市の猫

 ね、眠い……。今朝の散歩は予定通り矢川に出かけたが、駅から離れたところを歩きたかったので、いつもよりさらに早く5:50に家を出た。ちなみに明日は4:50に出発して埼玉の山の中にハイキングに行く。なんでそんなに早く出るのかというと、涼しいうちにさっさと済ませて午前中に帰ってきたいからだ。だから起きられなかったら行かない。
 猫散歩の方は、駅を出てほどなく瓦屋根の上に1匹見つけた。
国立市の猫

 眺めの良さそうないい場所だね。
国立市の猫

 隣の家が離れていれば、うちも屋根に出すんだけどなあ。前の前の家ではそうしてたんだが、そこはトタン屋根だったので、足音がドタンバタンうるさかったな。
国立市の猫

国立市の猫

 南に向かって緩い坂を降りていくと、疎水の発達した田園地帯になる。そんな中にぽつんと建った一軒家に白がいた。
国立市の猫

国立市の猫

 おはようございます。
国立市の猫

 白と遊んでいると、いつの間にか茶トラ白も現れた。
国立市の猫

 日差し的に、ここは秋の夕方に来た方がいいな。また来ようっと。
国立市の猫

 トイレを探してとある公園にたどり着いた。残念ながらトイレはなかったが、桟橋で白いのが日に当たっていた。
国立市の猫

国立市の猫

 桟橋の下は湿原風になっているが水は涸れていた。たもとで黒白が食事中。
国立市の猫

 「こうしてご飯はもらえるから、まだやって行けるよ」
国立市の猫

 駅に着いたので、いつもの二毛をチェックしとく。こいつはいつも同じリアクションだな(前回)。
国立市の猫

 公園では11日に会ったばかりのキジトラが毛繕い中だった。
国立市の猫

国立市の猫

 「今日は土曜日だから人が少なくてゆっくりできるよ」
国立市の猫

 そら良かったね。こっちはこれから仕事なんだけどね。
国立市の猫

関連記事一覧

  1. 相模原市の猫
  2. 八王子市の猫
  3. 多摩市の猫
  4. 南州郷の猫
  5. 立川市の猫
  6. 三浦市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 日野市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  4. 府中市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 相模原市の猫
  7. 立川市の猫
  8. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP