里の猫と山の猫


寄居町の猫

 今朝は何とか4時に起きられたので予定通りハイキングに行き、ついでに埼玉の代表的な霊峰・羅漢山を征服してきた。なぜならそこに山があるからだ。標高247mの山頂に立った時の清々しさは何物にも代え難く、次なる挑戦は北アルプスか南アルプスか。
 過酷な道中にも猫はいた。八高線で寄居駅に降り立ち、乗り換えの待ち合わせ時間が40分ほどあったので、町の中を散歩してみた。
寄居町の猫

 猫ボックスに親子猫がいた。ハイキングというからには涼みに来たつもりだったが、朝から日差しが強くて普通に暑い。
寄居町の猫

 お母さんはたぶんキジトラだと思うが、子供はクラシックタビー。くっついて離れない。
寄居町の猫

 寄居から1駅だけ電車に乗って、目的地の一つであるダム湖に向かっていると、道端の草むらに小さいのがいた。
寄居町の猫

寄居町の猫

 さらに近寄ったらやっぱり逃亡。崖の下まで追いかけたが、残念ながら橋の向こうは他人の家。
寄居町の猫

 せっかく湖まで来たものの、日差しが強すぎるので湖畔一周は諦め、日陰の道をとぼとぼ歩いていると、廃屋らしき建物から小動物が出てきた。
寄居町の猫

 あらま、こんなところに。
寄居町の猫

「美味しいものを持ってきてくれたのかしら」
寄居町の猫

 ……とはいえ、飢えてる風でもないね。
寄居町の猫

「親切な人がいるのですよ」
寄居町の猫

寄居町の猫

 子供も元気そうで何より。……にしてもこんなところにいるとはなあ。捨てられたのかなあ。
寄居町の猫

 湖畔の猫としばらく遊んだあと、羅漢山を征服し、寄居の町まで戻って来た。八高線の発車時刻まで1時間あったので、再び町中を散歩していると、民家の奥からにゃあにゃあ鳴く声が聞こえてきた。
寄居町の猫

寄居町の猫

 ヨレた三毛がごろーんでお出迎え。
寄居町の猫

 奥のサビは警戒して出てこない。
寄居町の猫

 騒ぎを聞きつけて、黒い子供も現れた。
寄居町の猫

寄居町の猫

 ていうかたくさんいた。黒の隣はカラーポイントだと思うけど、何色だろう。
寄居町の猫

 民家の玄関先で寛ぐ猫発見。3匹いたが、目が合った瞬間2匹が逃亡。
寄居町の猫

「おい、早くこっち来いよ、食べられるぞ」
寄居町の猫

 いや、お腹空いてないから。
寄居町の猫

関連記事一覧

  1. 所沢市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 日高市の猫
  5. 函館市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  5. 宮古市の猫
  6. 久慈市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP