マイケル君


立川市の猫

 街外れの線路端にマイケルという名の茶トラが住んでいた。左目が緑内障で、何度か交通事故に遭ったりもして、満身創痍になりながらも、穏やかで人懐っこい性格の猫だった。最後に見かけたのは6月25日で、その後会えないまま、8月11日に車に轢かれて死んでしまったとのことだった。電柱に訃報を知らせる貼り紙がしてあるのをTwitterで知り、お別れを言いに行ってきた。
 生死というのは表裏一体であって、どちらも避けて通れない貴い仕事だと俺は思っている。しかし、そうは言っても、今まで交通事故の怪我にも負けずに生きてきたものを、追い打ちをかけるように車に轢かれるとは……。残念でならない。
 せめて相方の巨大黒猫の無事を確認したかったが、あいにくどこかに引っ込んでいて見つけられず、次に見かけたのは赤茶けたキジ白だった。
昭島市の猫

昭島市の猫

 考えてみれば、この辺りで人懐っこいのは、マイケル君と巨大黒猫のほかは、美人姉妹ぐらいのものだった。その姉妹もお姉ちゃんが行方不明になって、今は妹が一人で縄張りを守っている。この子も赤茶けた毛色なので、美人姉妹の関係者かも知れないが、俺にはまったく懐かない。
昭島市の猫

 猫の気配の感じられない猫路地をとぼとぼ歩いていると、頭の上からこちらを見下ろしているのがいた。
昭島市の猫

 この辺もあんまり会えなくなってきたな。
昭島市の猫

 7:45というほど良い時刻にスタートしたにもかかわらず、その後も猫影は薄かった。庇の上の三毛のあと、民家の庭で薄色三毛を見つけたのは、45分後のことだった。
立川市の猫

 こちらを怪しんで目を細めたところ。実際はもっと美人だった。
立川市の猫

 その隣の家は猫民家。壁際に白いのが見えているほか、門扉の陰には黒もいた。
立川市の猫

立川市の猫

 前にも会ったことあるような気がするけど、思い出せない……。
立川市の猫

 ゆっくり1号の駐車場。2匹いるけど分かるかな。
立川市の猫

立川市の猫

 気配に気づいて2匹とも出てきた。奥のクリーム白は警戒心が強くて近寄れない子。
立川市の猫

立川市の猫

 ゆっくり1号の準備体操。
立川市の猫

 ごろーん。
立川市の猫

 ごろーん。
立川市の猫

 反時計回りに回転中。
立川市の猫

 時計回りに回転中。前回は微妙に避けられたけど、今日は心ゆくまですりすりできた。
立川市の猫

立川市の猫

 車の上で寝ている黒白を見つけて近寄ってみた。もう薄目開いてるし。
立川市の猫

立川市の猫

 お、もう1匹いるんじゃん。
立川市の猫

立川市の猫

 おお、さらに1匹いるんじゃん。
立川市の猫

 丁寧に探せばもっといたかも知れないが、すでに9時半を過ぎていて、普通に人通りがあるため断念。2時間に渡る散歩はここでお開きとなった。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 君津市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 国立市の猫
  5. 青梅市の猫
  6. 瑞穂町の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.6.4

    鉄道沿線
  2. 昭島市の猫
  3. 新宿区の猫
  4. 多摩市の猫
  5. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  6. 小金井市の猫
  7. 日野市の猫
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP