消えゆく拠点


江東区の猫

 勤務シフトには最長で2連休しか設定されていないため、それ以上休むとなると、こちらから休暇取得の意思表示をしなければならない。手続きが面倒なのであまり休むことはなかったが、たまにはゆっくりしたいと思い、久しぶりに年休を取って、今日から3連休と相成った。
 今朝の猫関係業務はフォーン君の超巨大公園から。フォーン君亡きあとも何匹かの猫が残っていたが、訪れるごとに1匹また1匹と減っていき、4月に行った時はついに誰にも会えなかった。それでも相手は猫だし、気紛れで引っ込んでいるのかも知れないと思い、暑さが一段落したらもう一度行くつもりで、機会を窺っていたのだった。
 いつもなら青梅ライナーに乗るところだが、あいにく今日は土曜日なので運休。特快じゃ座れないだろうなーと思いつつ6:20に家を出た。気温が低めで気持ちの良い朝だったので、駅に行く前に近所を一回りしていると、とあるマンションの生け垣の下に茶トラ白が佇んでいた。
昭島市の猫

 ここは選挙の投票があるたびに立ち寄る猫拠点(一例)。この生け垣の中にも何匹か潜んでいるはずだ。
昭島市の猫

 新宿で埼京線に乗り換えて、公園に着いたのは8:15。まだ人気の少ない園内で、1匹の猫がぽつねんとしていた。
江東区の猫

 あれ? 君の毛色には見覚えがあるけど、以前とはずいぶん離れた場所にいるね。
江東区の猫

江東区の猫

 ここから離れた場所をねぐらにしている薄色三毛かと思ったけど、よくよく見たら模様が少し違っていた。毛色はそっくりで、性格もよく似ていたので、もしかしたら姉妹なのかも知れない。超巨大公園で見かけた猫はこの子だけだった。
江東区の猫

 次は月島に移動するつもりだったが、ほどよく曇っていて、暑さに悩まされることはなさそうだったので、その前に一箇所だけ寄り道。1年半ぶりに訪ねたのは新木場のとある猫拠点。
江東区の猫

江東区の猫

 広大な空き地だった猫拠点は、巨大物流ターミナルが建設中だった。以前はたくさんの猫がいた場所だが、こうなってしまうともはや風前の灯。今日は人懐っこい黒白を1匹見かけただけだった(動画あり)。
江東区の猫

江東区の猫

 きっとここも早晩なくなる。俺はただ無事を祈るしかできないよ。
江東区の猫

 その後、バスと地下鉄を乗り継いで月島にやって来たが、猫の方は芳しくなかった。久しぶりに会いたかった隅田川1号も現れず、諦めて帰る前にその辺をぶらぶらしていると、ご飯待ちらしき2匹の茶トラ白に行き会った。
中央区の猫

 写真を撮っていたら、ちょうど飼い主の婆さんが散歩から戻ってきて、ご飯の仕度を始めた。この子はカメラが苦手らしいが、ご飯が出てくるから逃げるに逃げられない。ちなみに年齢は18~19歳ぐらいとのことで、毛並みがやや荒れていることを除けば、とても若々しい。
中央区の猫

中央区の猫

 こちらは捨てられてここに来たらしく、年齢不詳とのこと。よく似た2匹だが、そういうわけでまったく無関係。
中央区の猫

 ここは勝どき勤務の時に初めて猫に会った場所(こちら)。早いものであれから2年半あまりが過ぎた。
 このあと都心を離れて帰途についたが、家に帰る前に寄り道して猫にも会ったので、残りは後日載せる。
中央区の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 立川市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 八王子市の猫
  2. 奥多摩町の猫
  3. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  4. 日野市の猫
  5. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  6. 宮古市の猫
  7. 久慈市の猫
  8. 三鷹市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP