ぬるぬると追跡


府中市の猫

 間もなく1都3県に緊急事態宣言が出されるようだが、発出する側が気ままに会食していることもあり、今回は従わない店や人が多くなるだろう。俺自身は感染防止の基本行動を守った上で、今まで通り移動の自由を行使するつもりだ。明日も早くから出かけるので今日の記事は手短にしておく。
 夜勤明けの散歩は東府中から分倍河原まで。最初の猫グループは職場近くの団地で暮らす2匹のキジ白から。この子たちは最近すっかりお馴染さんだ。
八王子市の猫

 裏手から回り込んでいるうちに、1匹いなくなっていた。
八王子市の猫

 この子は慎重派。近寄っても逃げなくなったが、触れるほど気を許してくれない。
八王子市の猫

八王子市の猫

 そこへ片割れが駆け込んできた。
八王子市の猫

 こちらは最近ごろごろしてくれるようになった。触れるようになるのも時間の問題?
八王子市の猫

 府中市内の散歩は芳しくなく、11時半に東府中をスタートしてから1匹目に遭遇するまで30分かかった。小公園の茶トラ白に会いたかったんだがなあ。
府中市の猫

 ここは定点の猫拠点。屋根の上には常駐の茶トラ。
府中市の猫

 いつ見ても立派なひげ袋。さぞかしモテるのであろうな。
府中市の猫

 近所の屋根にもう1匹いた。今日はどこにいてもさして暖かくないが、高いところの方が、そうなる可能性が高いということだろうか。
府中市の猫

府中市の猫

 一方こちらは地上のキジトラ。空っぽのお皿が並ぶ窓辺に張り付いていた。
府中市の猫

府中市の猫

 見返りのお嬢さん。可愛いねえ。
府中市の猫

 府中市というのは立川崖線を境にして、大きく二つに分類できる。崖上には商業地域が多く経済活動も活発だが、崖下はかつて暴れ川だった多摩川の旧河道で、住宅地や田畑がまばらに広がっている。崖上に比べると格段に交通の便が悪く、ハザードマップで浸水が想定されているため地価も安い。
 ここはまさにそんな「都会の府中」と「田舎の府中」の狭間。落ち葉の積もる斜面では猫が寛いでいた。
府中市の猫

府中市の猫

 こいつがまだ幼かった2016年の秋にも同じ場所で見かけたことがある。呼ぶと鳴き返してくれるが、懐く兆しはまったくない。
府中市の猫

 「田舎の府中」に建つ我が家に帰ったのは13時すぎ。日中帯には珍しく、近所の路地に黒煙ちゃんが出ていた。
府中市の猫

 たたっ。
府中市の猫

府中市の猫

 何に注目しているのかと思ったら鳩だった。あれは君の手には余ると思うよ。
府中市の猫

 転がりながらも鳩から視線が離れない黒煙ちゃん。本能に火がついちゃってるな。
府中市の猫

 これは時間がかかりそう。どうせ捕まえられないのは分かっているので、最後まで見届けずに帰宅した。
府中市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 川崎市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 国立市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 川崎市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 多摩市の猫
  5. 国立市の猫

    2021.12.1

    猫の通り道
  6. 昭島市の猫
  7. 昭島市の猫

    2021.11.29

    煤渡り現る
  8. 日野市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP