キジ白3号の来訪


昭島市の猫

 夜半まで降っていた雨は夜勤の間に止んで、仕事を終えて会社を出たら快晴になっていた。とはいえ、もう春なので、冬場のように安定した天気は続かず、明日はまた雨が降る予報になっている。どんな天気でも、気が向けば散歩はするが、あんまり調子に乗っていると、またレンズを壊すので、明日どうするかはまだ決めていない。
 晴れてはいたものの風が強く、猫を探すには昨日以上に不利な状況。夜勤明けとしては早めの11時ごろにスタートしたが、西立川駅付近ではまったく見つけられず、1駅隣の東中神まで歩いて、ようやく最初の猫に会えた。
昭島市の猫

 洗濯機の上で伸びていた三毛。この子はまったくフレンドリーではなくて、1m以内に近寄ると、シャーと言って怒られる。
昭島市の猫

 女の子だから、お花も一緒に入れとこうかね。
昭島市の猫

 移動した先に相方もいた。姉妹なのか親子なのかは不明。無関係という可能性もある。
昭島市の猫

 最初の写真には黒も写っていたけど、こちらは俺に気づくなり猫ボックスに引っ込んでしまった。びっくりさせて済みませんね。
昭島市の猫

昭島市の猫

 団地で見かけた黒白。湿っぽい目でこちらを見つめたあと、植え込みの向こう側に逃げて行った。
昭島市の猫

 今日は中神の猫喫茶でお昼ご飯を済ますつもりで、お店の前までやって来た。以前ほど猫を見かけなくなった路地をキジ白が巡回中。
昭島市の猫

昭島市の猫

 10分ほどあとをついて回ってみたけど、途中で見失ってしまった。
昭島市の猫

 昨日の仕事中はやたら眠かったので、あんまり頑張らずに家に帰ってきた。玄関の鍵を開けて、気配を感じて振り返ると、キジ白3号がこちらを眺めていた。ここまで来るなんて珍しいな。
昭島市の猫

昭島市の猫

「にゃ、にゃ」と短く鳴きながら、玄関前までついて来た。ご飯なら隣の奥さんが用意してくれると思うから、もう少し待つといいよ。
昭島市の猫

 ……そんな気配を嗅ぎつけて、マコちゃんは三和土から離れない。
昭島市の猫

 サチコはそうしたことには興味なし。長い留守番が終わり、構え構えとついて回る。水とカリカリを交換して、猫トイレを掃除して、バルコニーを開けるのが、帰宅して最初にすること。もう少ししたら猫草を植えなきゃなあ。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 日野市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 日高市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  2. 日野市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  4. 宮古市の猫
  5. 久慈市の猫
  6. 三鷹市の猫
  7. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配
  8. 八王子市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP