氷雨の親子


小平市の猫

 暇だった夜勤を終えて、いつもより早く職場を出ると、明け方から降っていた雪が冷たい雨に変わっていた。気温は下がり続けていて、休憩などで外出した夜中よりも、むしろ寒くなっていた。外套を濡らしながら、新小平から小川まで歩いてみたが、こんな日に猫に会えるとはとても思えなかった。途中、数軒ある猫民家の軒下は、どこももぬけの殻だった。
 しかし、人間も動物も、生きるためには、どんな時でも出歩かなければならない場面がある。冷え切った体とかじかんだ手を持てあましながら、とある路地に差しかかると、何かと対峙する茶トラ白に遭遇した。
小平市の猫

小平市の猫

 茂みの向こうへ逃れた茶トラ白を目で追うと、小さいのがこちらを見つめていた。
小平市の猫

 心配そうに、茂みの向こうから子猫を呼ぶ茶トラ白。お母さんだったのね。
小平市の猫

小平市の猫

 子猫はこちらに興味津々で、なかなかその場を動こうとしない。背中が濡れているけど、お母さんにくっついて休めば、すぐに暖かくなるね。
小平市の猫

 茂みの2匹に会えて、いっとき寒さを忘れたが、歩き始めれば再び寒い。新小平~小川はあくまで乗り換えのついでで、このあと西武立川から拝島まで散歩するつもりだったが、雨は降り続いていて、台湾へ行く前にカメラが壊れては困るので、大人しく帰ることにした。
 そしてもう1匹。
小平市の猫

 時間の経過とともに暗くなる空模様で、瞳がまん丸。雨が降ろうと雪が降ろうと、そこに待ち人が現れるまで、猫は佇む。
小平市の猫

関連記事一覧

  1. 中央区の猫
  2. 横浜市の猫
  3. 日野市の猫
  4. 府中市の猫
  5. 新埔鎮の猫
  6. 中野区の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP