個性的な息子


立川市の猫

 揚げ物に使った食用油をサチコが舐めていたらしく、元妻に発見されて引き剥がされていた。サチコは小柄なくせに食欲が凄まじく、魚や肉はもちろん、ご飯やパンなどの穀物も食べるので油断ならない。人間用の食品には触れさせないようにしているが、時々こうして監視の目をかいくぐり、一度味をしめると、もっと寄越せと鳴き続けることになる。食用油を舐めるのは予想外だったが、新美南吉の作品に狐が油を舐める場面があったように思うので、動物は意外に油が好きなのかも知れない。
 今日は一昨日の出勤時に見かけた猫たちを予約投稿で紹介しとく。夜勤前に散歩する時は14時前後に家を出るが、日の入りの早いこの季節は、日没まで2時間半しかないから、やや煽られながらの猫探しとなる。この日は西国立から立川まで歩くつもりでいて、それには南武線に乗り換えなければならず、余計時間がない。自転車で家を出て、駅に至る緩やかな坂道を飛ばしていると、わずか10秒ほどで猫の姿を発見した。選んで引っ越したわけではないが、我が家の周囲は猫の巣窟だ。
昭島市の猫

 気持ち良さそうに目を閉じている。
昭島市の猫

 薄目を開けてこちらを確認。不審な気配に警戒するよりも、気持ち良さの方が勝るようだ。
昭島市の猫

 西国立から散歩を開始して、怒りんぼさんの路地に寄ってみると、塀の上にイケメン黒白がいた。日差しがあっても、こいつはここでひっそりしていることが多い。横に並んだ給湯器の排気が暖かいのかな。
立川市の猫

立川市の猫

 次に立ち寄ったのは学校裏の猫アパート。猫小屋から常駐の猫たちが出てきていた。
立川市の猫

 左端が母で右端が息子。真ん中の黒白は関係不詳。
立川市の猫

立川市の猫

 いつもなら近寄るとシャーかまされるところだが、この日の母は機嫌が良かった。
立川市の猫

 極めて個性的な顔立ちの息子。子猫の時はこんなんだったが、もう4歳になって、とても恰幅のいい大人になった。MOONちゃんとこでも昨日の記事で紹介されていたので、同じ日に訪ねたのかも知れない。
立川市の猫

 傍らで母がごろーん。大きなカメラは苦手らしく、近寄った分だけ階段を登ってしまう。
立川市の猫

立川市の猫

 あらま。
立川市の猫

 時間が経つとともに曇って暗くなってきた。日没まではまだ時間があるが、寒くて手がかじかんできたので、少し先を急ぐことにした。猫はタイヤの上に佇んでいる。
立川市の猫

 2011年の初秋にも隣の給湯器の上でサビを見たが、あの時とは別猫のようだ。
立川市の猫

立川市の猫

 踏切近くのアパートで猫発見。
立川市の猫

 ここには時々複数の猫が現れるが、それぞれ潜伏先が異なっているようで、まとめて見たことがない。縄張りは重複していても、交流はあまりないのかも知れない。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 和美鎮の猫
  2. 福生市の猫
  3. 福生市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. さいたま市の猫
  6. 府中市の猫

お知らせ

管理人の病気加療のため、7月7日(火)から1週間程度、ブログをお休みいたします。再開時期はTwitterでご案内いたします。毎日7:00に過去の記事がランダムにツイートされますので、お休み期間中は併せてそちらもお楽しみください。

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫

    2020.7.6

    療養生活へ
  2. 昭島市の猫
  3. 八王子市の猫

    2020.7.4

    雨見散歩
  4. 川崎市の猫
  5. 府中市の猫

    2020.7.1

    9周年
  6. 昭島市の猫

    2020.6.30

    三毛っぽい朝
  7. 福生市の猫

    2020.6.29

    福生娘AとB
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP