南武線猫行脚19(稲田堤→矢野口)


川崎市の猫

 仕事から帰って写真を整理していたら、青梅から流れてきた雨雲が短い驟雨を齎して、東の方に去って行った。明日は快晴だそうだから、そんな朝はきっとたくさんの猫が出てくるに違いない。
 今朝は出勤前に南武線猫行脚をやっつけた。出勤前(しかも朝)にやれるということは、それだけ立川に近づいてきたわけだが、南武線経由で仕事に行くのは結構遠回りなので、50分ほどしか散歩時間を確保できず、かなり急いで歩くことになった。こんな日に限って猫も多く、慌てていたので何匹も逃げられるわ、撮ったら撮ったで手ブレやピンボケの連発だわで、自分としてはちょっと残念な散歩だった。
 稲田堤からスタートして、最初に出会ったのは、高架下の路地でにゃあにゃあ鳴いていたキジ白。朝はみんな急いでいるから、なかなか構ってもらえない。
川崎市の猫

川崎市の猫

 そんな時こそ俺の出番と思って構ってみたところ、人懐っこすぎてなかなか写真が撮れず、初っ端から足止めを食うことになった。10分ほど粘って、0.3秒ほど静止したところを何とか撮ったのがこの1枚。飼い猫のようだけど、また会えるかなあ。
川崎市の猫

 地図を頼りに迷路のような細い路地を歩いていると、彼岸花の咲く赤道(あかみち)に茶トラがいた。
川崎市の猫

 草の匂いを嗅いでいるね。
川崎市の猫

 「誰かがマーキングして行ったみたいなんだ。もしや君じゃないだろうね?」
川崎市の猫

 民家の庭に子猫発見。ほかにも何匹かいたようだけど、一瞬のうちに飛んで逃げた。
川崎市の猫

川崎市の猫

 最初のキジ白で時間を食ってしまったため、急ぎ足で矢野口に向かっていると、駐車場に黒白がいた。
川崎市の猫

 ここにいると、何かいいことがあるの?
川崎市の猫

 人待ち顔の黒白。待っているのはご飯の人か、それともほかの猫なのか。
川崎市の猫

 とある再開発予定地に猫が1匹佇んでいた。ここには前にも一度来たことがあって(こちら)、その時は何匹も見かけたが、今朝はこの子だけ。帰ってきてから確認したら、前回も会ってた。
稲城市の猫

稲城市の猫

 急ぎすぎて5分ほど時間が余ったので、駅の近くをぶらぶらしていると、茶色いのがごろごろしているのが目に入った。奥にはキジトラもいる。
稲城市の猫

稲城市の猫

 地面にごろごろすりすり。
稲城市の猫

 遠くから呼ぶ声が聞こえてきた。ご飯の時間かな。
稲城市の猫

 「ごめんね、僕もう行かなきゃ」
稲城市の猫

 4月20日に川崎をスタートした南武線猫行脚は、5ヶ月かかってようやく東京都に入った。もう少しして多摩川を越えれば、さらに行きやすくなるし、道路にも慣れているから、11月末ぐらいには立川に着けるかな。終わったらお祝いしなくちゃな。
稲城市の猫

関連記事一覧

  1. 昭島市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 相模原市の猫

    2020.4.2

    童顔三毛
  3. 立川市の猫

    2020.3.31

    桜と茶トラ
  4. 日高市の猫

    2020.3.30

    和平成る
  5. 多摩市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 日高市の猫
  8. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP