神社で始まり神社で終わる一日


立川市の猫

 蒸し暑くて死にそうながらも、3連休を目前にして元気になってきたヤルキナシオの俺。今朝の猫散歩は1時間20分ほど早く出て、6月18日に見かけた古墳の子猫の様子を見に行ってみることにした。
 西府駅から歩くこと10分。前回より多少明るい天気のもと、早速隣の神社から小さいのが覗いていた。
府中市の猫

 「あっ、こないだのニンゲンがまた来た」
府中市の猫

 相変わらずお母さんも一緒。
府中市の猫

府中市の猫

 犬の散歩に来ていた近所の婆さんの話によると、子猫は5匹ぐらいいるらしい。そのうち黒白1匹のほかはみんな似たような茶白なので見分けがつかん。
府中市の猫

 ただし茶白の中には渦巻きとトラがいるので、模様を覚えれば見分けがつきそうだ。この子はトラ模様だね。
府中市の猫

府中市の猫

 古墳のあとはしばらく見つからず、汗だくになりながら駅の近くまで来て、ようやく路地に茶トラを発見した。
国立市の猫

国立市の猫

 お昼休みは1匹だけ。
立川市の猫

 時々屋根の上から偉そうにこちらを見下ろしている茶トラだが、地上に降りるとからっきしのヘタレ。
立川市の猫

 あまり明るくはなかったが、週末ということで、会社帰りに茶猫だらけの街を散歩してみた。この子は青い目のクリームポイント。この街はただの茶猫だけでなく、茶系のポイントカラーもやたら多い。
立川市の猫

立川市の猫

立川市の猫

 線路端の塀の上にも1匹。この子も青い目のクリームポイント。
立川市の猫

 今日はお盆で迎え火をしている家が多かった。俺の育った函館では見たことのない風習だったので、この写真を撮ったあと、近くの家の人に聞いて初めて知った。うちでは旧盆に仏壇の回り灯籠をつけっ放しにするぐらいだったな。
立川市の猫

 だいぶ暗くなってきたが、もう少し頑張ってみようと歩いていると、細い路地の向こうでキジ白がこちらを眺めていた。
立川市の猫

立川市の猫

立川市の猫

 大きな駐車場でごろごろしていた三毛。
立川市の猫

 きれいなキジ三毛だね。
立川市の猫

 最後は某巨大神社。日が暮れたあと神猫1号はどうしているのだろうと思って寄ってみた。
昭島市の猫

 昼夜を問わず、君は待ち続けているんだなあ。
昭島市の猫

 昭島の水は美味しい地下水だから猫も大喜び。
昭島市の猫

 今日はたくさん撮れて良かったが、夜の撮影は蕁麻疹の上に蚊に刺されて大変だった。痒くて寝られないかも。
昭島市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 相模原市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 相模原市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 輪島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 昭島市の猫
  2. 新宿区の猫
  3. 多摩市の猫
  4. 川崎市の猫

    2020.5.29

    三毛二態
  5. 小金井市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 昭島市の猫
  8. 相模原市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP