退屈な午後


稲城市の猫

 「あーあ」
稲城市の猫

稲城市の猫

 「……暇だな」
稲城市の猫

 今日会った2匹のうち、最初の猫は、アパートの裏で退屈そうにしていた立哨猫。昨日に続いて冴えない天気の一日で、夜勤前の1時間ほどの散歩は、最初から最後まで雨に降られた。傘を持たずに来たので、だいぶ濡れてしまったが、職場の自席に座るまでに乾けばいい。
稲城市の猫

 散歩コースは南武線の南多摩から京王相模原線の稲城まで。雨が降っていたせいか、見つけた猫は少なかったが、気配は濃厚だったので、南武線の猫行脚の時にでもまた歩いてみる。
 次の猫は空き家の濡れ縁に佇んでいた。
稲城市の猫

稲城市の猫

 せっかく涼しくて過ごしやすいのに、雨じゃなあ。することがなくて、こいつも退屈そうだ。
稲城市の猫

 思いのほか人懐っこかったキジトラ。この家は空き家だと思っていたら、濡れ縁の下に猫ボックスが置かれていた。かりそめの豪邸だな。
稲城市の猫

関連記事一覧

  1. 国立市の猫
  2. 国立市の猫
  3. 東村山市の猫
  4. 相模原市の猫
  5. 立川市の猫
  6. 福生市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 立川市の猫
  2. 日高市の猫
  3. 昭島市の猫

    2020.3.24

    3号4号
  4. 福生市の猫

    2020.3.23

    初めての挨拶
  5. 日野市の猫

    2020.3.22

    大きなキジ白
  6. 国分寺市の猫
  7. 多摩市の猫

    2020.3.20

    夜の六花咪
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP