古墳猫


府中市の猫

 明日の遅くから台風の影響で荒れるというので、今朝は1時間30分ほど早起きして、西府駅の周囲を歩いてみた。せっかく早く起きても、西府までだと電車に乗っている時間が長いので、歩けるのは実質1時間ほどになってしまうが、知らない街を歩くのは面白いし、そこに猫がいればなお面白い。
 駅を出てきょろきょろしながらしばらく行くと、とある古墳にたどり着いた。俺は古墳というものの存在しない北海道で育ったので、生古墳を見るのは修学旅行以来かも知れない。猫でもいれば一緒に撮りたいなと思っていたところに、偶然の神様が微笑んでくれた。
府中市の猫

 道路の向こうからやって来た三毛。あとをついて行ってみよう。
府中市の猫

 とことこ。
府中市の猫

府中市の猫

 とことこ。
府中市の猫

「あらやだ、ついてきたの」
府中市の猫

「お母さん、どうしたの?」
府中市の猫

「あーっ、ニンゲンだ」
「ニンゲンだ」
「大きいねえ」
府中市の猫

 最後まで付き合ってくれたのは母と子猫1匹。お母さんはトラ模様なのに、君はクラシックタビーなんだね。
府中市の猫

 古墳をあとにして歩いてみると、この辺りは未開発な住宅地が多くてなかなか面白い。古墳のほかには駅の近くで1匹見つけただけだったが、今度晴れたらまた来てみる。
国立市の猫

国立市の猫

 お昼休みは1匹だけ。蒸し暑いし、仕事が忙しくて疲れ気味だったので、さらっと回って帰ってきた。
立川市の猫

立川市の猫

立川市の猫

 珍しく、会社帰りに七三ファミリーの様子を見に行ってみたら、塀の上に爺さんがいた。なんかしょんぼりしている。
立川市の猫

 元気出せよ。
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 八王子市の猫
  2. 所沢市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 昭島市の猫
  5. 府中市の猫
  6. 国分寺市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  3. 宮古市の猫
  4. 久慈市の猫
  5. 三鷹市の猫
  6. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配
  7. 八王子市の猫
  8. 洋野町の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP