猫淑女は取りこぼしなく


日野市の猫

 先日知り合った生け花の先生は、高齢ということもあって、食材の調達を生協の宅配に頼っているそうだが、米だけは北海道せたな町産がお気に入りで、わざわざ地元の農家から送ってもらっているそうだ。せたな町(旧瀬棚町)というのは函館から北北西に100kmほど離れた小さな漁師町で、海路で奥尻島へ渡る玄関口としても知られている。険しい岩場が続く沿岸は海産物の宝庫で、俺も中学生ぐらいまでは家族でキャンプに出かけ、新鮮なウニやアワビに舌鼓を打ったものだった。しかし高校進学後は彼女とのデートに夢中で家庭を顧みなくなり、1987年には鉄道も廃止されたため、足を踏み入れることはなくなった。瀬棚に対する当時の俺のイメージは「遠い昔、ニシン漁で賑わった斜陽の町」。それから30年余の時を経て、ブランド米の産地になっていたとは知らなかった。
 なぜそんなことを書いたのかというと、今回の大雨被害を見るにつけ、我が国の気候はここ数十年で明らかに変わったと感じたからだ。かつて北海道米は食味が悪くて厄介者扱いだったが、現在のように美味しい米として認知されるようになったのは、水稲の生育に適した気候に変化したことが大きい。こうしたことはほかの農産物はもちろん、動物の世界にも起きており、人間の生活もその変化から免れることはできない。そう遠くない将来、我々は生活様式を大きく見直す局面に立つと思う。
 それはさておき今日の猫。昨日書いたように俺の夏休みはもう始まっていて(6日と9日~12日の飛び石)、今日はその間隙を縫う出勤日なので非常にテンションが低い。しかも昨夜のジンギスカンで飲んだビールのせいで頭が痛く、猫どころか仕事まで休みたいくらいだった。歩いたコースは日野駅から甲州街道駅まで。
日野市の猫

日野市の猫

 1匹目は寝坊助三羽烏のキジ白。こいつは3匹の中でいちばんしゃんとしている子。
日野市の猫

 しゃんとしていない猫はこちら。白い背中を見せている方は寝入ってしまって動かない。
日野市の猫

 先日見かけた美人さんが今朝もいた。
日野市の猫

 大きな目にオリエンタル風の小顔。惚れ惚れするねー。
日野市の猫

「ちょっと待ったらんかーい」
日野市の猫

日野市の猫

「ここに美人がもう1匹いるのをお忘れじゃありませんかー」
日野市の猫

 世論を敵に回すと今後の猫活動に支障をきたすため、ここは丁寧に撮り回っておこう……。
日野市の猫

日野市の猫

「良い心がけです」
日野市の猫

 最後の猫は屋根の下に佇む茶トラ。
日野市の猫

日野市の猫

 この辺りで茶トラを見かけたことはほとんどなく、もしかしてと思って調べたら2月にも会った子だった。この家が拠点なのかな。
日野市の猫

関連記事一覧

  1. 朝霞市の猫
  2. 奥多摩町の猫
  3. 昭島市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 八王子市の猫
  6. 昭島市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の要求は、本ブログとは関係ありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。鏈接上顯示的捐贈請求與此博客無關。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. The donation requests that appear in the links are not related to this blog.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 奥多摩町の猫
  2. 三浦市の猫

    2020.10.20

    再び海へ(1)
  3. 日野市の猫
  4. 八王子市の猫

    2020.10.18

    子猫増えた
  5. 宮古市の猫
  6. 久慈市の猫
  7. 三鷹市の猫
  8. 立川市の猫

    2020.10.14

    猫の気配

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP