鶴見線・猫めぐり


川崎市の猫

 今日は体調が良かったので、午後から「鶴見線・猫めぐりの旅」に行ってきた。とは言っても、休日の鶴見線は本数が少ないし、暑いし、一度に全駅回るのは無理。今日のところは3駅で勘弁してやるかー。
 最初に降り立った駅で早速黒白を発見。ちょうど職員にご飯をもらっているところだったので、食べ終わるのを待って撮った。可愛がられているようで、よく懐く。
川崎市の猫

川崎市の猫

川崎市の猫

 次の駅は、鶴見線の猫スポットとしてはいちばん有名。今までも何度か訪れたことがあって、今回は4年半ぶり。今日見かけたのは5匹だった(うち撮影したのは4匹)。
 下の猫は真っ黒に見えるが、実はしっぽの先だけ白い。
横浜市の猫

 横から見た図。結構長い。
横浜市の猫

 こいつは純正の黒猫。4年半前にもここで黒猫を撮ったが、こいつなのか、それともこいつの親なのか。野良の寿命は短いから分からん。
横浜市の猫

 建物の陰にもいた。
横浜市の猫

横浜市の猫

横浜市の猫

横浜市の猫

 最後の駅でも、白とキジ白が職員からもらったご飯を食べていた。このあたりは大規模な臨海工業地帯だが、俺のように無目的に訪れる人は割と多いらしい。
川崎市の猫

川崎市の猫

 暑くてイヤになってきたので帰途についた。最初に降り立った駅では、黒白がまだ寛いでいた。
 鶴見線の猫はこちらこちらにもあり。
川崎市の猫

関連記事一覧

  1. 立川市の猫
  2. 昭島市の猫
  3. 立川市の猫
  4. 稲城市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 青梅市の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 相模原市の猫
  2. 立川市の猫
  3. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  4. 昭島市の猫
  5. 日野市の猫
  6. 日野市の猫
  7. 立川市の猫

    2020.2.13

    七三はいない
  8. 府中市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP