昼下がりの鶴見線


横浜市の猫

 ジーンズをはく時に大切なのは尻である。
 色々と窮屈なのを我慢して、股上の浅いのをはいていたんだが、痩せすぎて、それすらウエストが余るようになってしまった。何でいきなりこんなことを書くかというと、鶴見線の猫に会いに行く時、電車が揺れると腰の部分が下がってくることに気づいたからだ。やっぱり歩きすぎなんだろうか、俺。
 まあそんなことはどうでもいいんだが、今日は諸般の事情で休みになったので、約1年4ヶ月ぶりに鶴見線方面へ足を伸ばした。休日は鉄道ファンや猫ファンが多いので、こういう場所は平日でないと行く気にならない。ちなみに猫ブログを始めてからは3回目で、前回行ったのは去年の正月、その前は一昨年の8月だった。
 家のことを済ませてから出かけたので、現地に着いたのは13時前。みんな日陰で昼寝中かなと思っていたら、黒いのが1匹ぽつねんとしていた。
横浜市の猫

 尻尾ぴーん。
横浜市の猫

 いちばん人懐っこい黒。尻尾の先っぽが白いのが特徴。
横浜市の猫

 巨大な黒猫とミニサイズのキジ白。
横浜市の猫

 もう1匹登場。尻尾は立たない。こいつも去年の正月に会ったな。
横浜市の猫

横浜市の猫

 排気筒のたもとにも黒白が1匹。
横浜市の猫

横浜市の猫

 2006年の冬にも、妻とチネチッタへ映画を見に行った帰りに、ここの猫たちに会いに来たことがある。その時見かけた長毛の二毛とそっくりなのがいた。さすがに同じ猫ではないだろうと思っていたが、その後、同一人物であることが判明した。
横浜市の猫

横浜市の猫

 時刻は14時。基本的に寝る時間だから寝てください。俺ももう撤収するよ。
横浜市の猫

 こちらには元気なのもいるけど。
横浜市の猫

 平日日中の鶴見線や南武支線は極端に本数が少ない。浜川崎で乗り換え時間が30分ほどあったので、その辺を一回りしてみた。町境の長いトンネルを抜けると猫であった。分かりにくいけど。
川崎市の猫

川崎市の猫

 とても驚いている。
川崎市の猫

 時間をかければ行けそうな気もしたんだが、電車の発車まであと7分。
川崎市の猫

 南武線に1時間近く揺られて西国立まで戻ってきた。沿線風景からしても、鉄道や猫が好きな人間としても、南武線は面白いと思う。ただ、踏切の鳴動時間が無駄に長いのは勘弁して欲しい。
 ……ということで七三ファミリーの縄張りに向けて歩いていると、民家の物置の上に1匹発見。
立川市の猫

 耳曲がりのキジトラ。相方のシナモン君も見かけたが、写真を撮る間もなくどこかに行ってしまった。
立川市の猫

 今日の最後は七三ファミリー。なんか勢揃いしているっぽい。
立川市の猫

 まずは偉大なる家長様から。
立川市の猫

 子供B。色んな人からご飯をもらって太りすぎ。成人病になるよ。
立川市の猫

 この子もよく見かけるから、孫Aということにしておこう。
立川市の猫

 最後の写真は孫Aと孫B。今日登場した七三ファミリー4匹には、ある共通点が!
立川市の猫

関連記事一覧

  1. 福生市の猫
  2. 渋谷区の猫
  3. 名古屋市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 昭島市の猫
  6. 奥多摩町の猫

お知らせ

ブログ内のコンテンツは、クリエイティブ・コモンズ国際ライセンスの下に提供されています。非営利・著作者明示・不改変の条件に従う限り、自由にご利用いただけます。なお、リンク先に表示される寄付の依頼に応じる必要はありません。本著作係採用創用CC國際授權條款授權。您無需接受鏈接目的地上顯示的捐贈請求。This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License. You do not need to accept to the request of donation displayed on link destination.
Creative Commons License

ブログ内検索

最近の記事

  1. 日野市の猫
  2. 八王子市の猫

    2020.2.24

    夕張とは違う
  3. 府中市の猫
  4. 立川市の猫
  5. 相模原市の猫
  6. 立川市の猫
  7. 川崎市の猫

    2020.2.18

    額の紋章
  8. 昭島市の猫

アーカイブ

タグクラウド

日月出没

PAGE TOP